★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆尖閣巡り台湾が「日本側への発砲を許可」―中国新聞社



 (中国情報局 2008/6/16)

 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0616&f=politics_0616_002.shtml


 大陸メディアの中国新聞社電は16日付で、台湾の海岸巡防署は所属する艦船に対して同日までに、尖閣諸島(中国語名:魚釣島)付近で台湾船を保護を強化し、日本の巡視艇に攻撃を受けた場合には発砲して反撃することを許可した。


 海岸巡防署は日本の海上保安庁に相当する。同暑巡視艇は尖閣諸島から12海里の海上で「巡視」を続けるが、将来的には海域の「主権」を維持するために12海里以内の海域に入ることもありえる。

 台湾船が「主権を主張」するために同島に接近する場合には、随伴して12海里以内に進入する。海岸巡防署公関科の謝慶欽科長によると、日本側に攻撃された場合には、発砲を含めて反撃の許可を巡視艇艦長に与える。将来は、さまざまなケースに対応するマニュアルを制定する。

 謝科長は一方で、「外交」による問題解決を望んでおり、不要は衝突は避けたいとの意向を示した。

 尖閣諸島は日本が実効支配しているが、1971年に中国(中華人民共和国)と台湾(中華民国)が「本来は中国の一部だ」などとして領有権の主張を始めた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆領海侵入は遺憾-町村氏 台湾船沈没は双方に問題

 (共同 2008/6/16)

 http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008061601000310.html


 町村信孝官房長官は16日午前の記者会見で、尖閣諸島・魚釣島沖の日本領海に台湾の抗議船1隻と巡視船9隻が侵入したことについて「外交ルートで再三警告、申し入れを行ったにもかかわらず誠に遺憾だ。関係者が冷静に対応することが必要だ」と述べ、台湾側に強く自制を求めた。

 同時に、10日に台湾の遊漁船が日本の巡視船と衝突して沈没し、その後に日本の海上保安庁が巡視船側にも過失があったと認めたことに関し「双方に問題があった。台湾側と遊漁船の船長に遺憾の意を表明した」と述べ、既に台湾側へ謝罪したことを強調した。

 また町村氏は「尖閣諸島が日本固有の領土であることは歴史的、国際法上も自明の理だ」とした上で、「今回の事態で近隣諸国、地域の平和が乱されることがあってはならない」と述べた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆台湾船沈没、海保が謝罪 「巡視船にも過失あり」

 (東京 2008/6/15)

 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008061501000500.html


 尖閣諸島・魚釣島沖で日本の巡視船と衝突した台湾の遊漁船が沈没した事故について、第11管区海上保安本部(那覇)の那須秀雄本部長は15日、同本部で記者会見し「巡視船にも過失があった」として、台湾側に謝罪の意を示した。

 那須本部長は「巡視船が船名を確認しようと遊漁船に近づいた行為は正当だったが、接近の仕方に過失があった。結果として遊漁船を沈没させ、船長にけがをさせたことは遺憾だ」と述べた。

 台湾側から求めがあれば、賠償する考えがあることも明らかにした。

 事故は10日に発生。双方から事情聴取した石垣海上保安部は14日、巡視船の船長を業務上過失傷害と業務上過失往来危険の疑いで、遊漁船の船長を業務上過失往来危険の疑いで、それぞれ書類送検した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆米在台湾協会所長、日台に平和的解決求める 遊漁船沈没事件

 (AFP 2008/6/16)

http://www.afpbb.com/article/politics/2405853/3040152


 尖閣諸島・魚釣島沖で台湾の遊漁船が日本の巡視船と衝突し沈没した事故について、米国の事実上の駐台大使であるスティーブン・ヤング氏は15日、日台に平和的解決を呼び掛けた。

 米国の在台湾協会所長を務めるヤング氏は記者団に対し、遊漁船沈没を巡る日台間の問題について、米政府は干渉しないと話した。

 台北にある超高層ビル「台北101」で開催された階段駆け上がりレースを完走したヤング氏は、「日台は伝統的に親密な関係を持ってきた。だから今回の問題についても、平和的解決をすることができるはずだ」と述べた。

 台湾の薛香川行政院秘書長は15日、台湾政府は台湾沿岸警備隊に、尖閣諸島・魚釣島近辺の海域に配備する武装巡視船を現在の4隻から7隻に増強するよう指示したと発表した。また台湾海軍は18日に同海域にミサイルフリゲート艦を派遣する。


≪■フリゲート艦≫-wikipediaより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88


 フリゲートは一般的には駆逐艦より小型のものを指すが、現在ではミサイル搭載艦も多く、駆逐艦との区別は次第に曖昧になってきている。フリゲートという艦種の明確な定義はなく、各国が独自に分類しているのが実情である。
[PR]
by sakura4987 | 2008-06-17 11:34

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987