★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆戦闘警察を袋叩き…ろうそくデモ無法化



 (世界日報 2008/7/28)


 「ろうそくデモ隊」が先週末、都心で不法・暴力行為を繰り返し、ろうそく団体が法の上に君臨しているという非難の声が高まっている。

 一部の過激デモ隊は、警察の服を脱がせて袋叩きにするなど、想像を超えた蛮行で、デモ隊の公権力じゅうりんが極に達したという指摘が出ている。

 28日、警察と市民らによれば、デモが深刻だった26日夕方、ソウル鐘閣一帯では、デモ隊による警察バス破損、警察指揮官孤立、無線機など警察装備奪取など、公権力じゅうりんが続出した。

 酒に酔っ払ったある運転手は、デモ隊に向かって、突進し、この車両は興奮したデモ隊によってつぶされた。

 深夜12時をすぎては、警察がデモ隊に捕まって、上着をはがされた。デモ現場にいた警察2人が、デモ隊に制圧されて、街を引きずられ、ヤジと非難を受け、上着が脱がされて、袋叩きにあったのだ。

 警察はこの日、デモに124中隊1万1000人余りの警察力を動員したが、デモ隊1500人余り(警察推測)中で100人余りの過激なデモ隊に、激しく攻撃され侮辱を受けた。

 彼らはデモ隊を扇動して、警察に暴力を行使するようにした後、抜け出るという「叫んで潜る戦術」を駆使して、専門デモ屋が動員されたのではないかとの疑いを持たれている。

 ろうそくデモで李明博(イ・ミョンバク)政府の教育政策をめぐる批判の声が出てきており、ソウル市教育委員長選挙に乗り出した進歩指向の候補を支持する不法選挙運動と変わりがないという非難もあふれている。

 「狂牛病国民対策会議」は28日午後7時、ソウル清渓広場で「米国産牛肉流通阻止、狂った教育審判」ろうそくデモを行い、現政権の教育政策に批判の声を高めた。
[PR]
by sakura4987 | 2008-08-05 15:42

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987