★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆【正論】「8月15日」 「天下ニ恥ヂザル」敗戦ナリ



     文芸批評家・都留文科大学教授 新保祐司

 (産経 2008/8/12)


 ■「天下ニ恥ヂザル」敗戦ナリ

 吉田満の『戦艦大和ノ最期』の初稿は、敗戦の直後、ほとんど一日を以て書かれた。

 これを読んだ小林秀雄が感銘を受け、自ら編集した雑誌「創元」に掲載しようとしたが、GHQ(連合国軍総司令部)の検閲により全文削除となった。

 この、戦後日本の言語空間を振返る上で極めて重要な問題を孕(はら)んだ経緯については、すでに江藤淳の立派な仕事によって明らかにされているが、今日我々が普通眼にしている昭和27年8月30日刊行のものと江藤氏の手によって発掘された初稿との違いは、さまざまなことを考えさせる。

 その中で最も問題なのは、末尾の部分の変更である。現行版では「今ナホ埋没スル三千ノ骸(むくろ) 彼ラ終焉(しゅうえん)ノ胸中果シテ如何(いかん)」となっているが、初稿は「至烈ノ闘魂、至高ノ錬度、天下ニ恥ヂザル最期ナリ」となっているのである。

 小林はもちろん、初稿を読んだ訳だが、昭和27年の現行版刊行のときに付された跋文(ばつぶん)の中で、「大変正直な戦争経験談だと思って感心した」と回想している。敗戦直後の「大変正直な戦争経験」からの言葉は、「天下ニ恥ヂザル最期ナリ」というものだったのである。

 同じ跋文の中で、林房雄と三島由紀夫が共に、紀元前480年に、ペルシャの大軍と戦って全滅したスパルタ軍の勇壮な悲劇として名高いテルモピレーの戦いを引き合いに出している。三島は「感動した。日本人のテルモピレーの戦いを目のあたりに見るようである」と絶讃したのであった。

 ≪■占領期を経た精神の変化≫

 それが、7年間に及ぶ占領期を経て、昭和27年の時点では「彼ラ終焉ノ胸中果シテ如何」という鎮魂のトーンの強いものとなった。「天下ニ恥ヂザル最期ナリ」という矜持(きょうじ)と賛嘆に満ちた精神から変化していったのである。

 戦後63回目の敗戦の日を迎えるにあたって、日本人は「天下ニ恥ヂザル」敗北をしたのだという気高い精神をまず回復すべきである。小林は跋文の中で「反省とか清算とかいう名の下に、自分の過去を他人事の様に語る風潮はいよいよ盛んだからである。そんなおしゃべりは、本当の反省とは関係がない。過去の玩弄である。これは敗戦そのものより悪い」とも書いている。「恥ヅベキ」敗北をしたのだという歪められた意識は、「敗戦そのものより悪い」のである。

 「天下ニ恥ヂザル」敗戦ということでは、今村均大将が真っ先に頭に浮かぶ。今村大将については、角田房子『責任 ラバウルの将軍今村均』などがあって、この「聖将、仁将」と呼ばれた軍人の生涯と人柄は、戦前の歴史の記憶が日本人の間で薄れつつある中でも、よく知られている方であろう。

 角田氏の著書の中で、特に印象にのこったエピソードがある。それは、私が深い影響を受けた内村鑑三に関係のあることだったからである。

 ≪■内村鑑三と今村大将の魂≫

 昭和19年に、作家・野村胡堂は参謀本部の一将校の訪問を受けた。野村胡堂は、「銭形平次」で知られる作家だが、「あらえびす」の名でクラシックのレコードについての著作をのこした人でもある。

 将校は「実はラバウルの司令官今村大将が、陣中で読みたいから内村鑑三全集を送れといってきました。発行所の岩波書店はじめ方々を探しましたが、入手出来ません。そこへ、金子少将から野村胡堂先生がお持ちだと聞きましたので、…いかがでしょうか、おゆずり願えますまいか」といった。

 この全集は、東大在学中に病死した野村の一人息子の遺品で、最後まで愛読していたという。気軽に手離せる品ではないが、渡すことにした。参謀副長が全集を携えて南太平洋をラバウルへ飛んだのは、それから間もなくのことであった。

 戦後になって昭和28年に、今村は巣鴨拘置所から次のような礼状を出している。「…内村鑑三全集を寄贈していただいたことを知りました。飛行機が海に落ち、参謀副長も戦死して、遂に全集を入手出来なかったのは残念ですが、御芳志には幾重にも御礼を申し上げます」

 野村胡堂は「内村鑑三全集と今村均」というエッセーを「ラバウル十万の将兵を無謀な玉砕に追いやることなく、地下に潜って百年持久の計を樹(た)て、貴重な生命を救い得たのは、戦陣の中に、内村鑑三全集を読みたいと考えたその魂であったと思う」と結んだ。こういう「魂」が戦ったのである。「天下ニ恥ヂザル」敗戦でなくて何であろうか。
[PR]
by sakura4987 | 2008-08-19 16:11

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987