★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆親とコミュニケーション多い子供ほど自律心育つ



 (世界日報 2008/8/28)


 親とのコミュニケーションが多い子供ほど、自律性や積極性、協調性といった「自立的行動習慣」が身に付いているという調査結果を、独立行政法人国立青少年教育振興機構が発表した。

 小・中・高の児童生徒約1万8000人を対象に、平成18年12月から19年2月にかけて実施。「親にその日の出来事を話す」「悩みや相談を聞いてもらう」といった質問に対する回答を得点化。また「人の話をきちんと聞く」「ルールを守って行動する」など自立的行動習慣に関する回答についても得点化し、分析した。

 その結果、小・中・高とも親とのコミュニケーションの得点が高い子供ほど自律性や積極性、協調性が身に付いていた。同調査では、ほかに自然体験や友人関係、テレビゲームなどとの関係も調査しているが、これらと比較しても親とのコミュニケーションが自律性や積極性に与える影響が最も顕著だった。

 脳科学の成果を踏まえた文部科学省の検討会は、親との適切な愛着関係(一緒にいることで大きな安心感、満足感を得られる関係)があると、子供の対人関係能力や社会的適応能力が伸びるという報告書をまとめている(平成17年)。今回の調査結果も、親子の絆が子供たちが育つ基本になることを示していると言えそうだ。
[PR]
by sakura4987 | 2008-08-29 12:14

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987