★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆サラリーマンの心の病、企業の56%が増加傾向と回答 6割超が30代



 (産経 2008/9/2)

 http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080902/biz0809021711006-n1.htm


 社会経済生産性本部のメンタル・ヘルス研究所(小田晋所長)がまとめた社員のメンタルヘルスに関するアンケートによると、約56%の企業が「心の病は増加傾向」にあるとしているた。年齢別では、約6割の企業が30代社員が最も多いとしており、バブル後入社世代の中堅層で、一層の心のケアが必要な状況が浮き彫りになった。

 心の病について、増加傾向と答えた企業の割合は56・1%で、平成18年の前回調査時から比べて5・4ポイント減少した。14年の調査開始以来初めて減少したものの、6割弱と依然高い水準にある。従業員の規模別で見た場合、従業員3000人以上の大手企業では66・2%が増加と答えており、大企業ほど心の病が増加する傾向にあるという。

 生産性本部では、「納得感や信頼感、仕事の価値観などを共有するコミュニケーションの減少が増加傾向に大きくかかわっている」と分析している。同調査は2年ごとに行われており、今年4月に上場企業2368社を対象に実施、269社から回答を得た。
[PR]
by sakura4987 | 2008-09-04 16:21

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987