★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「国際テコンドー連盟は北朝鮮統戦部の前衛組織」…単独インタビュー



 (中央日報 2008/9/8)

 http://mooo.jp/z5g6(URL圧縮)

 http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=104327&servcode=500§code=500


世界100カ国余りに支部を置き、会員が3000万人にのぼる国際テコンドー連盟(ITF、総裁・張雄)のオーストリア・ウィーン本部が、北朝鮮労働党統一戦線部(以下、統戦部)の前衛組織だったことが明らかになった。

張雄(チャン・ウン)総裁は国際オリンピック委員会(IOC)委員。 北側は統戦部工作員にテコンドー師範を装わせ、海外工作・情報要員として送った。 統戦部は特に1980年代、ITF師範を使って全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領の暗殺を3度も謀ったことが分かった。

こうした事実は、ITFの創設者である崔泓熙(チェ・ホンヒ、72年にカナダ亡命、02年に平壌で死亡)元総裁の息子、崔重華(チェ・ジュンファ、54)氏の証言で明らかになった。 崔重華氏は74年に出国した。 崔重華氏は張雄ITF総裁体制を不法だとし、別のITFを組織した後、総裁を務めている。

カナダ在住の崔重華氏は転向の意思を南側当局に伝えた。 李明博(イ・ミョンバク)政府が転向の要請を受け入れたことで、8日、34年ぶりに韓国に入国する予定だ。

これに先立ち崔重華氏は5-6日、東京・成田で2度にわたり中央SUNDAYと単独インタビューを行った。

崔重華氏によると、統戦部はITF本部に資金を支援し、対南工作を指示した。 統戦部は崔泓熙元総裁から数千万ドル規模の資金支援の要請を受け、毎年30万ドルの組織運営資金と120万ドルの世界大会開催経費を支援した。 その代わり統戦部は80年以降、ITFのテコンドー師範の海外派遣を掌握した。


≪以下、後略≫


 ◆「統戦部副部長がウィーンで私に全斗煥暗殺を指示」…単独インタビュー(2)

 ◆「統戦部が反韓国団体結成を指示」…単独インタビュー(3)
[PR]
by sakura4987 | 2008-09-18 15:22

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987