★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆日本政府、「キャリア制度」廃止へ



 (朝鮮日報 2009/1/16)

 http://www.chosunonline.com/article/20090116000012


■2012年から、中途採用も認める方向


 日本経済新聞が15日に報じたところによると、日本政府は2012年から、国家公務員採用1種試験の合格者(キャリア)を幹部候補として登用する「キャリア制度」を廃止する方針を打ち出したという。日本ではこれまで、国家公務員の採用試験を、幹部候補者を採用する「1種試験」と一般の公務員を採用する「2種試験」などに分けて実施し、1種試験の合格者は幹部への登用が保障されてきた。

 同紙によると、日本政府は2012年から、中途採用を含む新たな公務員採用システムを導入し、能力があれば誰でも上級公務員になれる道を開くという案を、国家公務員制度改革推進本部顧問会議(座長:御手洗冨士夫・日本経団連会長)に提出した。具体的な実施案は年内に決定し、来年初めに試験科目や受験資格などについて発表することとした。新たなシステムによる採用試験は2012年から実施する予定だ。

 日本では、中央省庁の課長クラス以上の幹部4778人のうち74.0%(3536人)が、また審議官クラス以上の887人のうち88.3%(783人)が「1種試験」の合格者で、韓国と同様に「キャリア官僚」による幹部職の独占が深刻な状況だ。日本政府は2007年に改正した国家公務員法で「年功序列による人事制度の改革」を明文化しており、公務員の世界にも「能力主義」を導入することとしている。


◆公務員制度、キャリア廃止 改革工程表原案、12年度に新試験

 (日経 2009/1/15)

 http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090115AT3S1401V14012009.html

 2009年から4年間にわたる国家公務員制度改革工程表の政府原案が14日、明らかになった。中央省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」は10年4月新設を明記。1種試験に合格し採用された人が幹部候補になる現行の「キャリアシステム」を廃止し、中途採用を含む新たな採用試験を12年度前半に導入する。

 労働協約締結権を与える範囲の拡大は年内に結論を出し、来年に関連法案を国会提出するとしている。
[PR]
by sakura4987 | 2009-01-18 15:52

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987