★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆野牧先生からの情報-同性愛について(抜粋)




 キリスト教の信徒は日本でたった1%しかいません。キリスト教の女権活動が日本にどの程度の影響を及ぼすかについては、全くわかりません。しかし、日本の女権の大元締めの一つは、キリスト教婦人矯風会です。ここの役員らが内閣府等、政治、行政に発言力を持ち、国内外の女権活動家のネットワークの要となっています。

 また、西野瑠美子のWAM、あの慰安婦記念館は、西早稲田のキリスト教会の敷地にあります。日本キリスト教団です。韓国の挺対協はキリスト教の教会がやってます。挺対協の協同代表の一人、シン・ヘスは、DVの活動家です。


 「父なる神」「天にまします我らの父よ、願わくば…」という呼びかけが、父権的、男性優位、神様が父とは限らない  ということになり、さりとて、母なる神も不公平、そこで、「親 
なる神」「天にまします親なる神」と言おうという運動。英語では「ファーザー、マザー」と呼びかけたりする人も出現しているらしい。

 ここで一神教じゃないじゃないか、という「矛盾」に教会内で信徒が遭遇するわけ。すると、一神教の一とは、整数の一とは限らない。一とは、0.5と0.5で一、とか、0.25+0.25+0.25+0.25=1とか、そういう、ウルトラ理窟が出て、ファアーとマザーで一、だって、これこそ一体、神様がアダムとエバで一体だと言ったじゃないか、と女権クリスチャンがその場を切り抜けたりするわけ。


 聖書には同性愛をしては、いけません、いけません、と何回か出てきます。そこを何とかかわして、聖書の文言を否定的に批判したり、或いは、解釈でもって「広義に捉えれば同性愛は神に許されている」とか、「結婚してもよい」としたりしています。
[PR]
by sakura4987 | 2009-01-21 13:43

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987