★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆大阪府 10年ぶりに赤字脱却



 (KTV 2009/2/9)

 http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html#0305353


「府民の負担のおかげ」と橋下知事

 財政再建に取り組む大阪府。巨額の切り詰めでもなお、今年度は50億円の赤字になると見られていましたが、これが解消できる見通しであることが関西テレビの取材で分かりました。赤字脱却は実に10年ぶりです。「かなりむだをそぎ落とし、脂肪を落としたので大阪府はかなり筋肉質になった。これだけの税収減の中でも予算が組め、赤字から脱却でき、返済にまわすこともできる。大阪府民の少しずつの負担のおかげだと思う」と語る大阪府の橋下徹知事。

 大阪府は5兆円の借金を抱えています。橋下知事の号令のもと、今年度は1100億円という大規模な経費削減を断行しましたが、それでも50億円の赤字が出ると見られていました。しかし、さらなる経費の節約で、350億から400億円を捻出することができ、その結果、10年ぶりに赤字から抜け出す見通しとなりました。

 橋下知事は「これだけやったのだから国には言わせてもらう」「頑張れたのは大阪府民の我慢と職員の覚悟があったからで、覚悟が見えない国が大阪府に『金出せ、金出せ』と言うことには応じられない」と語ります。

 また、来年度は税収の落ち込みで、450億円程度の財源不足が予想されていますが、今年度浮かせたお金などでまかない、黒字にしたい考えです。大阪府では、過去、借金返済のために積み立てているはずの「減債基金」を切り崩して、一般財源にまわす「赤字隠し」が続いていましたが、これをストップさせた橋下知事はさらに剰余金を基金への返済にあてることも決めました。

 橋下知事はこの点について、「使ってはいけないお金を借りてたので返済にまわす。借金だらけの火の車の状態では『ここに投資』ということができない」と話しました。就任一年目で赤字からの脱却を果たした橋下知事ですが、景気の先行きはなお不透明で、厳しい財政状況は今後も続くと予想されます。
[PR]
by sakura4987 | 2009-02-11 16:49

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987