人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

2007年 06月 16日 ( 44 )



http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007060501000627.html

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の金剛山歌劇団(東京)の公演をめぐり、仙台市は5日、1度認めた市民会館の使用許可を取り消した。公演実行委員会は近く、仙台地裁に使用許可の仮処分申請をする方針。

 取り消し理由について、梅原克彦市長は「昨年の公演での妨害行為や最近の国際情勢を踏まえ、公演が実施された場合、市民会館の管理などに支障をきたす恐れがある」とコメントしている。

 仙台市によると、実行委からの使用申請を受け、会館の指定管理者である民間企業が3月に許可した。市側は「指定管理者と判断が異なり、やはり市としては許可できないということになった」としている。

 実行委によると、同歌劇団は約50年にわたり仙台市で公演しているという。

 今回同様に、岡山県倉敷市が2006年10月、施設使用許可の取り消し処分をしているが、岡山地裁が執行停止を認め、予定通り開催されたことがある。
by sakura4987 | 2007-06-16 09:46


               台湾の声編集部

 一昨日訪れた松島の瑞巌寺では、管主が出迎え、昨日の山寺の立石寺では県知事の出迎えまで受けた李氏だが、本日訪れた岩手県の名刹・中尊寺では中国の圧力を受けた同寺により冷淡な扱いを受けた。

 中尊寺は、中国の仏教関係団体から「李氏を特別扱いするな。さもなければ中尊寺とは交流を停止する」と求められたことを理由に、李氏を来賓としてではなく、一般参観者として扱うことを李氏来日直前に表明したという。

 そして今日は、同寺からは出迎えも解説員も出ることなく、李氏は拝観切符を購入して参観した。

 日本の寺院が李氏を歓迎するかどうかは自由だが、中国の要求を呑むことは、「台湾は中国の一部」とする中国の主張を受け入れたことになり、我々は断じて許容できない。

 ■中尊寺

代表電話:0191-46-2211

ファックス:0191-46-2216

http://www.chusonji.or.jp/mail/ 意見受付
by sakura4987 | 2007-06-16 09:46

◆五・一五事件「檄文」


http://ichinichi.nido.jp/siryou/H19-5-31-515/top.htm

               五・一五事件「檄文」

   日本国民に檄す

  日本国民よ!
  刻下の祖国日本を直視せよ
  政治、外交、経済、教育、思想、軍事、何処に皇国日本の姿ありや。
  政権党利に盲ひたる政党と之に結托して民衆の膏血を搾る財閥と更に之を
擁護して圧政日に長ずる官憲と軟弱外交と堕落せる教育と腐敗せる軍部と悪
化せる思想と塗炭に苦しむ農民、労働者階級と而して群拠する口舌の徒と…
  日本は今や斯くの如き錯騒[綜]せる堕落の淵に死なんとしてゐる。
  革新の時機!今にして立たずんば日本は滅亡せんのみ。
  国民よ!
  武器を執つて立て! 今や邦家救済の道は唯一つ「直接行動」以外に何者
もない
  国民諸君よ!
  天皇の御名に於て君側の奸を屠れ!
  国民の敵たる既成政党と財閥を殺せ!
  横暴極まる官憲を膺懲せよ!
  奸賊、特権階級を抹殺せよ!
  農民よ、労働者よ、全国民よ
  祖国日本を守れ!
  而して、
  陛下の聖明の下、建国の精神に皈り国民自治の大精神に徹して人材を登用し
朗らかな維新日本を建設せよ。
  民衆よ!
  この建設を念願しつゝ先づ破壊だ!
  凡ての現存する醜悪なる制度をぶち壊せ!  偉大なる建設の前には徹底的な破
壊を要す。
  吾等は日本の現状を哭して赤手に魁けて諸君と共に昭和維新の炬火を点
ぜんとするもの素より現存する左傾、右傾の何れの団体にも属せぬ、
  日本の興亡は吾等「国民前衛隊」決行の成否に非ずして吾等の精神を持して
続起[蹶]する国民諸君の実行力如何に懸る起て!起つて真の日本を建設せよ!

昭和七年五月十五日
                                        陸海軍青年将校
by sakura4987 | 2007-06-16 09:45


◆ロシア大統領会見、「北方領土解決は困難」 (日経 07/6/3)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070603AT2M0201W03062007.html

 ロシアのプーチン大統領はモスクワ郊外の大統領別荘で日本経済新聞などと会見し、北方領土問題について「解決策を見いだすのは難しい状況だ」と言明した。

 6日からの主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)で予定する日ロ首脳会談で、厳しい姿勢を示すとみられる。

 米国が欧州で進めるミサイル防衛網の配備では「世界が軍拡競争に直面する」と非難。対抗手段として、全廃した中距離核兵器を再び開発する可能性を示唆した。

 大統領の2期目の任期は来年5月に切れるが、「1期4年では短い。5年か6年あるいは7年が妥当」と述べた。国内で続投説が消えない中、大統領が初めて自ら続投の可能性に言及したと受け止められそうだ。

 大統領はサミットを前に主要8カ国(G8)の報道機関と約3時間、ロシアの外交、内政について語った。


◆プーチン大統領会見、「任期5-7年が妥当」 (日経 07/6/3)

http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt102/20070603AS2M0202303062007.html

 「1期は5年か6年あるいは7年が妥当」。プーチン大統領は来年5月に2期目の任期が切れることに関して「1期4年では短い」と言明した。

 大統領は理由として「大統領としての仕事に慣れるまでに2年くらいかかる」と述べた。

 さらに、憲法で任期を4年としたのは「米国をまねたもの」と指摘し、憲法改正で任期延長することに前向きな考えを示した。

 「任期の回数については制限すべきだ」と述べ、現在連続2期までの任期を増やすことには否定的な立場を示した。
by sakura4987 | 2007-06-16 09:41

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987