人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

2008年 07月 23日 ( 4 )


 http://mooo.jp/hk2t (URL圧縮)

 http://www.city.kumamoto.kumamoto.jp/content/web/asp/kiji_detail.asp?NW=1&ID=5552&LS=132


 熊本市では、男女共同参画社会の実現を目指し、市の基本姿勢や施策の基本事項を示した「熊本市男女共同参画推進条例」(素案)に対する市民の皆様からのご意見を募集します。


【送付方法】次のいずれかの方法で送付してください。

 (1)電子メール danjokyousei@city.kumamoto.lg.jp

 (2)郵送    〒860-8601(市役所専用)

          熊本市男女共生推進課 行

    ※各施設に設置している意見提出用封筒をご利用いただき郵送してください。

 (3)FAX   096-324-5969



■男女共同参画推進条例素案

 http://mooo.jp/3n5m (URL圧縮)

 http://www.city.kumamoto.kumamoto.jp/Content/Web/Upload/file/Bun_23706_21soan.pdf.pdf


■男女共同参画推進条例素案の解説

 http://mooo.jp/makt (URL圧縮)

 http://www.city.kumamoto.kumamoto.jp/Content/Web/Upload/file/Bun_23706_22soansetumei.pdf.pdf
by sakura4987 | 2008-07-23 08:09


 (産経 2008/7/18)


 国民所得に対する税金や社会保障費の比率を示す国民負担率は、昭和45年度に24.3%だったが、徐々に上昇し、平成19年度に初めて40%台に乗った。高齢化による社会保障費の伸びが大きいためで、20年度も前年度比0.1ポイント上昇し、40.1%となる見通しだ。

 だが「高福祉高負担」といわれるスウェーデンをはじめ欧州諸国と比べると、日本はまだ低水準。

 一方で国民皆年金制度を整えている日本は「中福祉低負担」といわれる。ただ、年金制度は保険料の不払いなどで、抜本的見直しの機運が高まる。

 安定財源として消費税増税は、将来的には避けられないとの見方が強く「中福祉中負担」に移行していく見通しだ。
by sakura4987 | 2008-07-23 08:08


 (朝日 2008/7/17)

 http://www.asahi.com/national/update/0717/SEB200807160023.html


 巣から落ち、福岡市中央区の住宅で育てられている子スズメの元に、縁もゆかりもない10羽のスズメたちが餌を運んでいる。人間社会なら、我が子に対してさえ育児放棄や虐待が相次ぐご時世。街なかの人情話ならぬ「鳥情話」に、保護した人たちも驚いている。

 「チッ、チチッ」。子スズメの鳴き声が住宅街に響く。同区今川2丁目の中島美代子さん(56)方。玄関の軒先につるした鳥かごの中で、黄色のくちばしの子スズメが羽をふるわせた。そこへサッと黒い影。大人のスズメが入れ代わり立ち代わり、鳥かごにしがみついては中の子スズメに昆虫を与えた。

 子スズメは6日夜、約7.5キロ離れた同市西区生松台の路上でうずくまっていた。巣から落ちたとみられる。中島さんのめいの清水説子さん(37)と清水さんの長女里紗さん(9)が見つけ、巣を探したが分からなかった。翌朝、捨て犬や迷い鳥などを育てたことがある中島さんのところへ持ち込んだ。

 ところが、その日の午後には近所のスズメの「子育て」が始まった。中島さん方は市の中心部に近く、ヤフードームもすぐそばだ。みんなは「せちがらいと思っていた街なかで、こんな出来事があるなんて」と驚く。

 市動物園によると、鳥の種類によっては、保護されたヒナの元へ親や兄弟が餌を運ぶことがある。ただ、スズメの行動範囲は半径数百メートル。今回、親や兄弟である可能性はほとんどないという。「鳴き声を聞いて我が子や兄弟と勘違いした可能性がある」と話す。

 止まり木にすら立てなかった子スズメもすっかり元気になった。巣立ちの練習をさせて、自然にかえす予定だ。
by sakura4987 | 2008-07-23 08:08


 (人民網 2008/7/18)

 http://j.peopledaily.com.cn/2008/07/18/jp20080718_91383.html


外交部の定例会見で17日、劉建超報道官が記者の質問に答えた。

――報道によると日本の町村信孝官房長官は、社会科の新学習指導要領に釣魚島を日本領と明記するよう求めていないとする一方、日中間に領土問題は存在しないとも述べた。これについてコメントは。

わたしはすでに何度も厳正に言明してきた。釣魚島とその附属島嶼は、古来中国固有の領土であり、これに対し中国は争う余地のない主権を有す。中日両国間に釣魚島の主権をめぐる係争が存在するのは客観的事実であり、私たちは話し合いによる問題の解決を主張している。
by sakura4987 | 2008-07-23 08:08

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987