★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

2009年 04月 13日 ( 20 )



 (福島民友 2009/4/8)

 http://www.minyu-net.com/news/topic/0408/topic3.html


 県は7日までに、小、中学生向けの男女共同参画学習教材「目指せ!男女共同参画社会すごろく」と男女共同参画についての授業を実施する際に使用する教師用指導ポイント集を作成、県内の全小、中学校に配布した。

 2006(平成18)年度に設置した「次代の親づくり推進委員会」で作成した教材と指導ポイント集改訂版。07、08年度の2年間、県内の延べ39校のモデル校で教材と指導ポイント集を活用した授業を実施し、改訂した。

 教材などは小学校高学年から中学1年生向けだが、実態に応じてほかの学年でも使用できる。すごろくは「ままごと遊びをする。料理をするのはだれかな?」などの質問に答えてゴールする構成で、男女共同参画について考えるきっかけとなる内容になっている。

 教材、指導ポイント集は県男女共同参画ホームページからダウンロードできる。


※「すごろく」は、まだホームページにはアップされていません。

 画像はこれです ↓

 http://www.minyu-net.com/news/topic/0408/img/0408topic3.jpg


■小学校版:ワード形式(597KB)21ページ

 http://www.pref.fukushima.jp/danjo/next.html

 学習をふりかえってみましょう。(チェックリスト)

 豊川市小・中学生向けジェンダーチェックリストより抜粋

①クラスでは、班(はん)や席順が男女で分かれてしまうことがあるけど、なぜなのかな?と疑問(ぎもん)に思う。□

②名前を呼ばれるとき、男子が先で女子が後になっていることが多いけど、なぜなのかな?と疑問に思う。 □

③先生が「女子(男子)は~」と男女に分けて注意するのを聞くと、なんとなくおかしいと思う。□

④「やさしい女子、たよりがいがある男子」という言い方は、なんとなくおかしいと思う。□

⑤ランドセルの色は、男子は黒、女子は赤の場合が多いけど、自分の好きな色が選べるといいなと思う。□

⑥サッカーが好きな女子や、料理の好きな男子がいたって、いいと思う。□

⑦運動会の応えん団長には男子がなることが多いけど、女子が応えん団長になってもいいと思う。□

⑧女子が、リーダーだったり、成績がよかったりすると、「生意気(なまいき)だ」と言うのは、なんとなくおかしいなと思う。□

⑨「男のくせに、少しぐらいのことで泣くな」と言うのを聞くと、「男も泣きたいときは泣いてもいい」と思う。□

⑩男子だって、洗たくなどの家事ができなくちゃいけないと思う。□

★0~3個

「男らしさ」「女らしさ」という古いかたちのカラに入っています。まず、カラをわり、新しい世界に一歩ふみだそう。

★4~7個

なんとなくおかしいなと思いながら、こういうものなのかなとあきらめていませんか?もう一度「男らしさ」「女らしさ」について、考えてみよう。

★8~10個

性別にとらわれず、個性を大切にするあなた。あなたの考えをまわりの人へも伝え、自分らしさについて、みんなで考えよう!



≪ジェンダーについての内閣府の見解≫

 http://nippon7777.exblog.jp/2640899
[PR]
by sakura4987 | 2009-04-13 14:31


 (朝鮮新報 2009/4/10)

 http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2009/05/0905j0410-00001.htm


■外務省に首相あての要請文提出

 「東北アジアに非核・平和の確立を! 日朝国交正常化を求める連絡会」(以下、連絡会)メンバーらが9日、東京都千代田区の日本外務省を訪れ、朝鮮に対する制裁の解除や国交正常化交渉の再開などを求めた。

 連絡会は、国交正常化の早期実現を求め、これに向けた運動を全国で展開、強化していくために日本各地の平和運動家らによって昨年7月に結成された。

 連絡会の福山真劫共同代表(平和フォーラム事務局長)、石坂浩一共同代表兼事務局長(立教大学准教授)、小泉喜子常任幹事(朝鮮女性と連帯する日本婦人連絡会事務局長、I女性会議 共同代表)、井加田まり常任幹事(自治労中央執行委員)、五十川孝事務局次長の5人が外務省アジア大洋州局北東アジア課の山本文土課長補佐と面会し、麻生総理、中曽根外相、美根・日朝国交正常化交渉担当大使あての要請文を手渡した。

 要請文は、日本政府が朝鮮に対しとっている制裁措置を延長したり強化することに強く反対し、ただちに制裁を解除するようもとめると指摘した。

 また、日本政府は4月5日の朝鮮の人工衛星打ち上げを「ミサイル発射」と決めつけ、「弾道ミサイル等破壊措置命令」を発令するなど、国民に不安と敵対心を煽り立ててきたが、日本政府がなすべきことは、不安を煽ったり緊張を高めることではなく、対話を通じて緊張を緩和させていくことだと主張した。

 さらに、これまでの制裁措置は、拉致や核やミサイルに関係のない在日朝鮮人に対する人権侵害を引き起こし、なかでも「万景峰92」号の入港禁止措置は、老いた在日朝鮮人の祖国訪問と朝鮮学校に通う生徒の祖国への修学旅行の自由も奪っていると指摘。「北朝鮮脅威」を煽る報道で、在日朝鮮人が心ない日本人によって暴行・暴言の的となる恐れも生まれていると強調した。

 要請文は、今こそ危険な制裁をやめて平和解決をめざすべきだとしながら、政府が▼4月13日で期限切れとなる対朝鮮制裁を延長しない▼米国などに続いて日本も朝鮮に人道支援する▼6者合意の義務として重油などのエネルギー支援を実施する▼戦争につながる行為をやめ平和と対話の姿勢を明確にし日朝協議を再開する-ことを要請した。

 メンバーらは面会の席上、要請の趣旨を説明しながら、圧力では国交正常化の方向には向かうことはできず、圧力を強めるほど在日朝鮮人の人権侵害が引き起こされることなどを伝え、今回の要請を前向きにとらえるよう求めた。

 席上では、朝鮮への敵視政策をやめ国交正常化の早期実現を求める「日朝国交正常化の早期実現を求める市民連帯・大阪」の要請文も手渡された。
[PR]
by sakura4987 | 2009-04-13 14:25


 (産経 2009/4/12)

 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090412/plc0904121741003-n1.htm


 東京都練馬区の陸上自衛隊練馬駐屯地(師団長・渡辺隆陸将)で12日、同駐屯地の創立58周年記念行事が開かれ、隊員約1000人が観閲行進を行った。

 来賓の石原慎太郎都知事は祝辞で、北朝鮮のミサイル問題などに関連し、国連が「何の役にも立たない」と指摘。日本の高度な技術力が米国の戦争を支えているとした上で、「私たちは国連やアメリカを気にしなくとも自分自身でこの国を十分守れる」と持論を展開し、「任務に邁進(まいしん)していただきたい。国民はそれを熱願している。国民自身も体を張って、自分でこの国を守るという気持ちを必ず持っている」と隊員を激励した。

 観閲行進には、戦車や装甲車を含めた車両約100台が参加し、日ごろの訓練の成果を披露した。
[PR]
by sakura4987 | 2009-04-13 14:24


 (産経 2009/4/11)

 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090411/plc0904112335014-n1.htm


 防衛省によると、海賊対策でソマリア沖に派遣された海上自衛隊の護衛艦「さみだれ」が11日午後3時すぎ(現地時間同日午前9時すぎ)、マルタ船籍の商船から「不審な小型船が接近した」との無線連絡を受けた。

 さみだれが大音量を出して撃退する「長距離音響発生装置」で呼び掛けたり、哨戒ヘリコプターを発進させたりしたところ、不審船が動きを止めたため、活動をやめたという。

 活動根拠である自衛隊法の海上警備行動は、警護対象を日本関連船舶に限定しているが、今回の救助活動は船員法14条の「遭難船舶等の救助」に基づくとみられる。海自艦が海上警備行動の警護対象以外の外国船舶を救助したのは、4日に続き2回目。
[PR]
by sakura4987 | 2009-04-13 14:24


 (産経 2009/4/11)

 http://sankei.jp.msn.com/world/america/090410/amr0904101840009-n1.htm


 北朝鮮のミサイル発射に国連安保理が有効な手段を講じると思っている米国人は3割程度にすぎないことが9日、米調査会社ラスムセンが発表した世論調査で明らかになった。

 国連安保理が有効な対策をとるだろうと答えた回答者は34%で、このうち非常に有効な対策をとると答えたのは8%だった。59%は効果的な反応をみせるとは思わないと答えた。このなかで23%が安保理の対応はまったく効果がないだろうと回答した。

 党派別にみると、民主党支持者の5割は効果的な対応をとるとみているのに対し、共和党支持者の74%、無党派の61%は効果があるとはみていない。

 国連は米国の敵か味方かの質問に対しては、味方27%、敵17%、敵と味方の中間が49%だった。

 米国が国連加盟国であり続けるべきとの回答は60%だったが、潘基文国連事務総長が、国連分担金を滞納している米国を「最大の踏み倒し屋だ」と発言した3月11日の直前に行われた調査から6ポイント減った。

 調査は5日のミサイル発射後の7、8の両日、全米の有権者約1000人を対象に電話で行われた。
[PR]
by sakura4987 | 2009-04-13 14:23


   でインタビューを受けた柯徳三氏から聞いた話のメモ(抜粋)

 (ブログ「台湾は日本の生命線!」 2009/4/9)

 http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-716.html


■心外だ!台湾人が排日と誤解される!

―――私は日本による五十年間の台湾統治はプラス面が五〇%でマイナス面が五〇%と考える。NHKの取材を受け、インフラや教育のよさを語ったのだが、番組は全然取り上げなかった。

―――日本による差別待遇など、欠点への怨み事ばかりを取り上げ、あたかも台湾人が朝鮮人と同じく排日だとの印象を植え付けようとしているらしいが、これは心外だ。

―――烏山頭ダムを造った八田与一技師の話もした。いかに農民にいいことをしたかなど。八田技師の長男とは同級生だったことも話したが、怨み言を並べる場面ばかりが映された。

―――怨み言は、あのころの日本政府に対するものではない。私たちを健やかに育ててくれた日本政府には感謝している。


////////////////////////////////////////////////////////////


◆「NHKスペシャル シリーズ JAPANデビュー

       第一回 アジアの“一等国”」に対する抗議声明

  日本李登輝友の会


 貴日本放送協会(以下、NHK)は、去る四月五日午後九時から「NHKスペシャルシリーズ JAPANデビュー 第一回 アジアの!)一等国!)」という番組を放送した。

 私どもは台湾を「日本の生命線」と位置づけ、日本と台湾の交流のシンボルである李登輝元総統の名を冠し、平成十四年に台湾との文化交流を目的に設立した団体であり、台湾の日本統治時代にも深い関心を抱いてこれまで活動してきている。そこで今回の放送は多大の関心を持って観た。

 だが、期待はものの見事に打ち砕かれた。私どもが知る台湾の日本語世代の人々の常日頃の発言と大きくかけ離れており、反日的と思われる発言だけを取り上げた印象は拭えず、日本の台湾統治時代を批判するため、台湾人の証言を都合よく操作し、「反日台湾」を印象付けるためだったのかとしか思えない内容であった。光と影の影のみを強調した印象は否めない。また、日台離間を企図しているのかとさえ思われる内容でもあった。

 番組を観た多くの方からも「実にひどい番組」「偏見に充ちた内容」という感想が寄せられている。台湾からも「大変不快だった」との声が寄せられ、若い世代の間では「僕のおじいちゃんは日本大好きなのに、あの番組は変だよ」「NHKはどうしてこんないい加減な番組を日本人に見せるのだろう」という疑問の声が噴出しているという。

 番組内容には批判すべき点が多々あるが、聞き慣れない「日台戦争」という呼称が出てくるし、後藤新平は出てきても、それは台湾人三千人を処刑した匪徒刑罰令の実行者として出てくる。また、台湾特産の樟脳産業を立て直すために基隆港を大型化し縦貫鉄道を敷いたと説明する。

 しかし、八田與一や後藤新平の事績を高く評価する李登輝氏の総統時代、一九九七年に台湾で刊行された中学校の歴史教科書の副読本『認識台湾』では、第七章に「日本植民統治時期の政治と経済」、第八章に「「日本植民統治時期の教育、学術と社会」を設け、例えば米やサトウキビの生産については「米の増産と糖業王国の確立」との見出しの下、生産量のグラフを掲載していかに生産量が上がったかを示していた。縦貫鉄道については「各地を結ぶ交通運輸を改善した」と記していた。

 確かに台湾統治では同化政策を進めた。差別もあった。この差別について、特に台湾の日本語世代は日本人の前ではあまり語りたがらない一面があることを私どももよく知っている。だが、日本統治を評価していることも事実なのである。それは、八田與一を高く評価していることに如実に現れている。故に、台湾をよく知る人々には、著しくバランスに欠けた内容と映じ、統治時代の歴史に真正面から向き合っていないという印象を強く残したのである。

 従って、日本が一方的に台湾人を弾圧したとするような史観で番組を制作することは、公共放送として許されるべきではない。

 ついては、ここに今回の放送内容に厳重抗議する。それとともに、この番組の脚本を作成する上で参考にした書籍など全資料の開示を要求する。

 平成二十一年四月九日

                       日本李登輝友の会
                         会 長 小田村四郎
                         副会長 石井公一郎
                              岡崎 久彦
                              加瀬 英明
                              田久保忠衛
                              中西 輝政

日本放送協会
 会長 福地茂雄殿



■NHKに抗議を!

・NHK視聴者コールセンター

 TEL:0570-066066

・NHKスペシャル「感想・問い合わせ」

 https://www.nhk.or.jp/special/contact/index.html

・放送倫理・番組向上機構(通称BPO)ご意見送信フォーム

 https://www.bpo.gr.jp/audience/send/form.html

・総務省・ご意見ご提案の受付

 https://www.soumu.go.jp/common/opinions.html


〒150-8001 NHK放送センター

 「NHKスペシャル シリーズ JAPANデビュー 第一回 アジアの“一等国”」

FAX:03-5453-4000
[PR]
by sakura4987 | 2009-04-13 14:23


 (産経 2009/4/10)


 ■権威は皇室に連綿として在る


 ≪中国皇帝はあくまで権力者≫

 中国の皇帝と言えば、絶対的権力者というイメージがある。

 確かに皇帝は権力の最頂点に立っている。しかし、権力を振るったあの秦の始皇帝といえども、すべて独断専行したわけではない。例えば称号についての審議を重臣に命じ、重臣は有識者の意見を聞いてから、「皇帝」という称号が妥当という答申をしている。

 その後の歴代皇帝も、一般に、重臣との会議(朝議)の上に立って決断している。そうするのは、皇帝の地位が永遠に安泰というわけではなかったからである。

 例えば、歴代皇帝208人の内、臣下に位を奪われて殺されたり、王朝が倒れて自殺した者は63人。この他、病死者の中に毒殺されたという噂(うわさ)のあった場合を入れると、無念の死者はさらに増えよう(樸人『帝王生活』)。

 王朝の最後は無惨(むざん)である。例えば、明王朝最後の永暦帝は清に敗れて今のミャンマーに逃亡していたが、清王朝はミャンマーに兵を入れて恫喝(どうかつ)し、帝や皇太子を捕らえ、ともに斬首した。皇太子わずか12歳。それだけに終わらなかった。それから55年後のこと。ある王子は逃れて生き延び隠れていたのだが発見され処刑された。76歳の一農夫としてやっと生活していたのに(同『帝王生活続編』)。

 ≪歴史や人間の在り方に差≫

 このような権力闘争と異なり、我国の皇室は別の道を歩んだ。

 時を遡(さかのぼ)ると、奈良時代、中国の律令制に倣って我国も律令制にし科挙制を立てた(考課令)。科挙制とは秀才・明経(めいけい)・進士(しんじ)・明法の科ごとに試験選抜して、合格者を中央官僚に任用する制度である。これは中央集権化するために必要な人材を得る方法であった。

 しかし、我国では成功しなかった。と言うのは、律令制は国家が土地を所有して中央集権を図るわけであるが、まもなく荘園という私有地が現れ、それが拡大され転形して、実力で土地を私有する武士団が登場し、律令制が空洞化してしまったからである。

 その極致が江戸時代の藩である。藩主は将軍家に従って土地を所有し、一方、朝廷から律令制に基づく位階を受けた。実(土地)は私的、名(位階)は公的という形だ。これが実は我国に幸いした。

 各藩の行政官僚は武士であり、末端に至るまで藩主に忠誠心があった。そして明治時代となり廃藩になるものの、多くの元武士官僚が明治政府の官僚となったとき、藩主への忠誠心が天皇へのそれへと平行移動したのである。その結果、日本の官僚は公の精神が強く、私することが少ない。

 ところが中国の場合、科挙官僚は皇帝に対して強烈な忠誠心があったが、ごく少数であり、圧倒的大多数の一般官僚には忠誠心を培う機会も環境もなかった。そのため、一般官僚には公の精神が乏しく、私すること(収賄)が多かった。それが今に至っている。

 つまり、公務員の汚職発生が、中国では多く日本では少ないのは、律令制の実質化(中国)と形式化(日本)との差が背景にある。その上、律令制の実質化は皇帝に権力・権威をともに保証したが、律令制の形式化は天皇から権力を削(そ)ぎ落とした。この律令制は明治維新まで続いたので、位階を与える等の権威は存続した。権力を持つ幕府も天皇の権威をついに奪うことはできなかった。

 天皇には、少なくとも室町時代以降、権力がなかった。一方、中国皇帝には権力があったので、それを奪おうとする者が現れる。これが日中両国の歴史や人間の在りかたの大きな差となってくる。

 ≪政治的安定もたらす中核≫

 すなわち、日本では、権力の交替があっても、天皇の権威は奪われず常に権力の上に立ってきた。中国では、王朝の交替とは権威・権力の両方を奪うことであった。

 今日、世界の正常な国では、政権(権威・権力)は民主主義すなわち選挙方式によって承認される。だから、選挙結果によって権威・権力を失うことがある。そのとき、一種の不安定な政情となる。しかし、我国はそうではない。我国の政権には、権力はあるが権威はない。首相は権力者ではあるものの、権威は皇室に在る。

 現代日本人はどの首相に対しても敬意を払わない。首相に権威を認めていないからである。だから、首相がいくら交替しても、権威は不動であるので国家として不安定とならない。これが我国の底力となっている。

 我国はどのような危機に際しても、権威の不動によって政治が安定しており、必ず立ち直ることができたのである。それはこれからもそうであろうし、またそうでなくてはならない。

 その意味で天皇は政治における中核として内在している。単なる文化的権威や祭祀(さいし)者に終わらない。それが証拠に、ほとんどの日本人は、権威ある天皇を元首として意識しているではないか。これは強制や法制によるものではない。皇室に対する絶えざる自然な敬意に基づくものなのである。

 天皇、皇后両陛下のご成婚50年を機に、そのことをしみじみ噛(か)みしめている。
[PR]
by sakura4987 | 2009-04-13 14:22


 (産経 2009/4/10)


 ■「私は大声で叱(しか)る。私はまだかつて嫌いになった人に逢(あ)ったことがない…どころでない。けれども実は好きだから叱る」(淀川長治)
 

 「嫌いになった人に逢ったことがない」とは、100年前のきょう、神戸で生まれたこの人のモットーだった。「好きだから一瞬無茶苦茶に嫌いになる」と続く冒頭の文章は、エッセー集『映画と共に歩んだわが半世紀』にある。

 半世紀前の天皇陛下のご成婚とともにテレビ時代の到来を告げた、少し早口の「サヨナラおじさん」。淀川さんによって映画ファンになったという方も多かろう。でも、画面で親しみのある笑顔を絶やさなかった淀川さんには別の、激しい顔があった。ある高名な作家がチャプリンの『独裁者』のラスト、人類愛を説く独演のシーンを「あれはチャプリン個人の演説。映画としては失敗」と批判した。それに対して淀川さんは映画誌の随筆で記した。「愚かなことばだ」

 その豊かで強い感受性を文章の世界にもっともっと振り向けてほしかった。次の一節は、淀川さんの文才を伝えるほんの一例、最愛の母への追想である。

 《医者がいま、ご臨終と知らす。その母に私は口をよせて「ありがとう」と告げた。すると死のまえの母の目からひとしずくの涙が落ちた。生命は消える一瞬まえまで、誰が何をささやいているかがわかっている》(『淀川長治自伝』)
[PR]
by sakura4987 | 2009-04-13 14:22

 (産経 2009/4/10)


 自民党の町村信孝前官房長官は9日、北朝鮮が発射した長距離弾道ミサイルを政府が「飛翔(ひしょう)体」と呼称していることについて「飛翔体と書いているのは政府と(共産党の機関紙の)『赤旗』だけだ。なんで共産党と政府が一緒なのか。けしからん話だし、政府は恥じなければいけない」と批判した。

 麻生太郎首相や河村建夫官房長官は当初、「ミサイル」と呼んでいたが、3月27日の安全保障会議から政府は「飛翔体」の呼称を使っている。
[PR]
by sakura4987 | 2009-04-13 14:21


 (TBS 2009/4/8)

 http://news.tbs.co.jp/20090408/newseye/tbs_newseye4103003.html


 勤務時間中に無許可で労働組合の活動に専念するヤミ専従について、農林水産省が去年4月に行った内部調査の前に調査をしながら隠ぺいしていたことが明らかになりました。

 農水省はこれまで去年4月に内部調査を行い、ヤミ専従と疑われる事例が142人報告されたと説明してきました。

 しかし、実際には去年の3月に「ヤミ専従がいる」という投書を受け関東農政局が調査を行い、33人にヤミ専従の疑いがあることを把握しながら、農水省の本省には6人と報告していました。

 また、同じ時期に全国で合わせて40人に疑いがあることが報告されていたにもかかわらず幹部に伝えられず、調査じたいが隠ぺいされていました。

 「(農水省)本省に伝えてもらう方がよかったと。反省すべき点と思っている」(農水省 岡田憲和地方課長)

 最初の調査を隠していたことについて、農水省は「隠す意図はなかった」と釈明しています。

 農水省のヤミ専従問題をめぐっては、再調査を繰り返して該当者ゼロと結論づけるなど不透明な点が明らかになり、石破農水大臣の指示でさらに調査が進んでいますが、全容の解明には時間がかかりそうです。
[PR]
by sakura4987 | 2009-04-13 14:21

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987