★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 134 )   > この月の画像一覧

国分市と隼人町の教育委員会の採択が10日です。

今年11月7日に合併して「霧島市」として鹿児島県
第2の都市として人口12万8千人の街となります。

その最有力市長候補が現国分市長の鶴丸市長ですが、
鶴丸市長は日本の歴史認識が深く、かねてより正しい
教科書を使用する事が望ましいと考えておられます。

扶桑社の単独採決に向けて、一層、励ましのメールを
お願いします。日本再建は、日本発祥の地「霧島」から
興したいものです。


◆国分市役所
〒899-4394 鹿児島県国分市中央3丁目45番1号
電 話:0995‐45‐5111(代表)
FAX:0995‐47‐2522

◆国分市長へのメール
civic@city.kokubu.kagoshima.jp

◆国分市の教育委員会
kokubu-kyouiku@po.mct.ne.jp



sssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss


◆つくる会FAX通信を転送します。
------------------------------------------------------

栃木市へ皆様の激励を!!

       教委の採択は明日4日午後1時半から

 栃木県栃木市の中学校教科書採択協議会が本日開かれ、「歴史」は日文、「公
 民」は東書が選定されました。栃木市は単独採択区ですから、この結果は明日
 開かれる教育委員会に答申され、正式採択がなされます。明日の教育委員会採
 択まで、栃木市の英断を支援・激励するためにも、市長及び教育長宛にメール
 やFAXを送ってください。ご協力をお願いします。

なお、電話による激励は、かえって栃木市の通常業務に差し障りが出ると考えら
れますので、使用を控えていただきますようお願いします。

《激励先》
(1) 日向野 義幸 市長宛  
{秘書政策課}  FAX:0282(24)8524 e-mail:hisyo@city.tochigi.tochigi.jp

(2) 教育委員会 佐藤 康弘 教育長宛  
FAX:0282(23)7059   e-mail:tochigi@city.tochigi.tochigi.jp
【住所】  〒328-8686  栃木県栃木市入舟町7番26号


    滋賀・大津市、大分・中津市にも皆様の激励で後押しを!

本日の『朝日新聞』で、滋賀県大津市の目片市長が扶桑社版教科書を「郷土の歴
史も国の歴史もきちっとした視点でとらえられている」と評価した発言をしたこ
とが報じられました。今後、反対派による集中攻撃が予想されます。また、大分
県中津市も同市が5月中旬に共同採択区から独立したことで、反対派から「危険採
択区」と目され、妨害行動にさらされています。こうした妨害によって採択が左
右されるのは断じて阻止しなければなりません。両市の激励先をお知らせします
ので、どんどんメールや葉書を送っていただきますようお願いします。

《激励先》

◎ 滋賀県 大津市   【〒520-0037 滋賀県大津市御陵町3-1】
目片 信 市長宛  
{インターネット「市民の声」}   http://www.city.otsu.shiga.jp/voice/
安藤 洋 教育長宛  
{大津市教育委員会 学校教育課}  otsu2402@mail.city.otsu.shiga.jp

◎ 大分県 中津市   【〒871-8501 大分県中津市豊田町14-3】
新貝 正勝 市長宛  

{市長へのメッセージフォーム} http://www.city-nakatsu.jp/shichou/wwwmail.
htm

浅田 忠祉 教育委員長宛  
{中津市教育委員会 学校教育課}  g-kyouiku@city.nakatsu.lg.jp
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:20
新 し い 歴 史 教 科 書 を つ く る 会

            つくる会FAX通信

緊急号外  平成17年(2005年) 8月18日(木)    送信枚数 1枚
TEL 03-5800-8552  FAX 03-5804-8682  http://www.tsukurukai.com

        

 東京都の江東区教育委員会では、非公開臨時会を重ねながら教科書採択協議が
 進んでいるようですが、いよいよ結論に達する時期が迫ってきている模様です。

 ここにきて反対派は、扶桑社教科書の採択妨害メールやFAXなどを出すよう
 急激に呼びかけています。
 
 杉並区教委の英断につづき、江東区教委において扶桑社の教科書を採択してく
 れるよう、下記あてに皆さんの声援を届けてください。ご協力をお願いします。

● 江東区教育委員会(採択日:非公開)
03-3647-4133(電話・FAX共通)
受付時間 平日午前8時30分~午後5時15分
               (その他の時間は留守番電話対応)
               
http://www.city.koto.lg.jp/profile/kucho/5341/5343.html 

江東区教育委員長 荒井 秀樹 氏
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:19
新 し い 歴 史 教 科 書 を つ く る 会

            つくる会FAX通信

緊急号外  平成17年(2005年) 8月18日(木)    送信枚数 1枚
TEL 03-5800-8552  FAX 03-5804-8682  http://www.tsukurukai.com

      

 東京都の江東区教育委員会では、非公開臨時会を重ねながら教科書採択協議が
 進んでいるようですが、いよいよ結論に達する時期が迫ってきている模様です。

 ここにきて反対派は、扶桑社教科書の採択妨害メールやFAXなどを出すよう
 急激に呼びかけています。
 
 杉並区教委の英断につづき、江東区教委において扶桑社の教科書を採択してく
 れるよう、下記あてに皆さんの声援を届けてください。ご協力をお願いします。

● 江東区教育委員会(採択日:非公開)
03-3647-4133(電話・FAX共通)
受付時間 平日午前8時30分~午後5時15分
               (その他の時間は留守番電話対応)
               
http://www.city.koto.lg.jp/profile/kucho/5341/5343.html 

江東区教育委員長 荒井 秀樹 氏
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:19

◆緊急のお願い

滋賀県教科書改善連絡協議会
会長 村田  昇




 前略  当会運動に対し支援ありがとうございます。
つきましては、教科書採択代ブロックの大津市に於いて、
8月3日、新聞報道(産経、京都、朝日)に見られますように、
目片市長が扶桑社の教科書を評価されていますので、
扶桑社の教科書が採択される可能性が出て参りました。
反対派の阻止運動も活発になっております。
そこで貴会の多くの会員の方々に、下記宛に自虐教科書の
採択に反対する訴えとともに、扶桑社の教科書採択支援、
激励のハガキ、ファックス、メールをお願い申しあげます。


○大津市役所 〒520-8575
滋賀県大津市御陵町3-1

大津市市長  目片 信 様

教育長     安藤 洋

○FAX:077-521-0428(広報課) 目片 信 市長 様

○FAX:077-523-5735(教育委員会)安藤 洋 教育長 様

○メールアドレス 大津市教育委員会 学校教育課
otsu2402@mail.city.otsu.shiga.jp



○インタネット市民の声
http://www.city.otsu.shiga.jp/voice/index.htm


以下、左翼情報//////////////////////////////////////////////////////


愛媛から、松山市が危ないという松山大学・大内裕和さんによる訴えがあ
りました。以下、転載します。

  「愛媛で「つくる会」教科書が採択される危険性があります。愛媛県は
4年前、3年前と採択していますし、市町村でも今回は採択される可能性が
十分にあります。全国でもトップクラスの危険地域です。

  特に危険で影響力の大きいのが松山市です。松山市の中村市長は「つく
る会」教科書採択に強い意欲をもっている可能性が高いです。

  愛媛では諸団体の要請行動、そして「つくる会」教科書採択反対!7・27
県民集会(代表は私)を行うなど採択阻止運動を展開してきました。ここ
でぜひ、松山市教育委員会と愛媛県教育委員会への「つくる会」教科書採
択反対要請の行動にご協力をお願いします。特に松山市の教育委員会定例
会の予定は8月9日(火)ですので、それまでに要請を全国から集中して
行っていただけると、とてもありがたいです。

<教科書採択 愛媛も危ない!>

 愛媛でも「つくる会」教科書が採択される危険性が非常に高まっていま
す。下記の連絡先へ電話・Fax・メールにて、反対の声や不採択をもとめ
る緊急の要請をお願いします。

松山市教育委員会 〒790-0003 松山市三番町6-6-1
  電話: 089-948-6591(学校教育課)
  FAX: 089-934-1815(学校教育課)
  メール: gkkyoiku@city.matsuyama.ehime.jp

愛媛県教育委員会 〒790-0001 松山市一番町4-4-2
  電話: 089-941-1212(義務教育課)
  FAX: 089-934-8684(義務教育課)
  メール: gimukyouiku@pref.ehime.jp
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:17

◆緊急のお願い

滋賀県教科書改善連絡協議会
会長 村田  昇




 前略  当会運動に対し支援ありがとうございます。
つきましては、教科書採択代ブロックの大津市に於いて、
8月3日、新聞報道(産経、京都、朝日)に見られますように、
目片市長が扶桑社の教科書を評価されていますので、
扶桑社の教科書が採択される可能性が出て参りました。
反対派の阻止運動も活発になっております。
そこで貴会の多くの会員の方々に、下記宛に自虐教科書の
採択に反対する訴えとともに、扶桑社の教科書採択支援、
激励のハガキ、ファックス、メールをお願い申しあげます。


○大津市役所 〒520-8575
滋賀県大津市御陵町3-1

大津市市長  目片 信 様

教育長     安藤 洋

○FAX:077-521-0428(広報課) 目片 信 市長 様

○FAX:077-523-5735(教育委員会)安藤 洋 教育長 様

○メールアドレス 大津市教育委員会 学校教育課
otsu2402@mail.city.otsu.shiga.jp



○インタネット市民の声
http://www.city.otsu.shiga.jp/voice/index.htm


以下、左翼情報//////////////////////////////////////////////////////


愛媛から、松山市が危ないという松山大学・大内裕和さんによる訴えがあ
りました。以下、転載します。

  「愛媛で「つくる会」教科書が採択される危険性があります。愛媛県は
4年前、3年前と採択していますし、市町村でも今回は採択される可能性が
十分にあります。全国でもトップクラスの危険地域です。

  特に危険で影響力の大きいのが松山市です。松山市の中村市長は「つく
る会」教科書採択に強い意欲をもっている可能性が高いです。

  愛媛では諸団体の要請行動、そして「つくる会」教科書採択反対!7・27
県民集会(代表は私)を行うなど採択阻止運動を展開してきました。ここ
でぜひ、松山市教育委員会と愛媛県教育委員会への「つくる会」教科書採
択反対要請の行動にご協力をお願いします。特に松山市の教育委員会定例
会の予定は8月9日(火)ですので、それまでに要請を全国から集中して
行っていただけると、とてもありがたいです。

<教科書採択 愛媛も危ない!>

 愛媛でも「つくる会」教科書が採択される危険性が非常に高まっていま
す。下記の連絡先へ電話・Fax・メールにて、反対の声や不採択をもとめ
る緊急の要請をお願いします。

松山市教育委員会 〒790-0003 松山市三番町6-6-1
  電話: 089-948-6591(学校教育課)
  FAX: 089-934-1815(学校教育課)
  メール: gkkyoiku@city.matsuyama.ehime.jp

愛媛県教育委員会 〒790-0001 松山市一番町4-4-2
  電話: 089-941-1212(義務教育課)
  FAX: 089-934-8684(義務教育課)
  メール: gimukyouiku@pref.ehime.jp
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:17
(サンスポ)
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200508/sha2005080512.html

 新しい歴史教科書をつくる会メンバーらが執筆した扶桑社の中学歴史・
公民教科書の採択をめぐる反対活動をビデオ撮影していた男性に暴行を加
えたとして警視庁は4日、暴行の現行犯で「都政を革新する会」事務局長
で中核派活動家、北島邦彦容疑者(45)=東京都杉並区=を逮捕。

 調べでは杉並区教委が同日午後に来春からの教科書を選定するのに合わせて、
仲間と朝から区役所前で、扶桑社版教科書の不採択を求めるビラ配布など
をしていた。午前9時前、この様子を撮影していた都内の男性(39)に
「何を撮っているんだ」などと因縁をつけ、バッグのひもを引っ張っての
けぞらせるなどした。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:16
平成17年8月11日(木) 産経新聞

 「南京大虐殺」を回顧する大規模な特別展示会が十日、北京市の中国国
家博物館で開幕した。日本が降伏した八月十五日に向けたキャンペーンの
一環で、共産党機関紙、人民日報も十日付から抗日戦の歴史的意義をたた
える論文の掲載を始めた。初日は「共産党の指導で侵略者日本を打破した」
との論文。「愛国主義教育の強化」を背景に「愛国とは愛党」をキーワー
ドにしたキャンペーンが一気に加速し始めたといえる。

 「犠牲者三十万人」との文字を大きく掲げた北京での特別展示会の期間
は二十日間で、入場料は無料。展示物の八割以上が初公開とされ、「六百
余の虐殺関連の写真と七百五十三点の文物・史料」と宣伝している。

 南京市の「南京大虐殺記念館」は昨年三月の無料開放後、一日の入場者
は延べ一万五千人に上るとされている。

 著名な「愛国主義教育基地」である北京郊外の「抗日戦争記念館」は、
盧溝橋事件にちなみ七月七日に再オープンしたが、入場者は一日一万人を
数えるという。

 いずれの記念館もその主題は、屈辱の歴史を忘れずに「愛国主義の伝統
を軸に党のもとに結集し強い中国を打ちたてよう」との趣旨が基調であり、
政府系メディアがその趣旨を伝えている。

 十日付人民日報は一面の社告で「抗日戦争勝利六十周年」にちなみ特別
欄を新設し連載すると伝えた。初日は「共産党の指導力」に重点を置いた
長文の論文で、編集者の「生き生きとした抗日戦争の歴史が愛国主義教育
を推進する」とのコメントを別途掲載、キャンペーンの焦点が「愛国主義
教育」の推進と明確に位置づけている。

 中央テレビでも中国共産党の指導で抗日運動を繰り広げた八路軍のドラ
マを始めているが、軍機関紙、解放軍報(二日付)も抗日戦争の歴史を題
材に「愛国主義教育の強化」を強調し、「共産党のもとに結集し富強国家
を建設しよう」と訴える曹剛川国防相の長文の論文を掲載、党への求心力
を「抗日の偉大な歴史」に求める姿勢を鮮明にした。論文では、党の指導
のもとで愛国主義を常に高める必要性を強調している。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:15
平成17年8月11日 人民網

http://j.peopledaily.com.cn/2005/08/11/jp20050811_52623.html

日本・東京都の国会前で10日、韓国人の元旧日本軍慰安婦など約200人が、
日本政府に直接の謝罪と賠償を求めるデモ行進を行った。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:15

◆三角合併


http://www5.plala.or.jp/kabusiki/ から転載。

この、日米合意 = 日本売り渡し契約は、2003年5月24日、
ブッシュ牧場にて 小ブッシュ~小泉で調印されました。

既にこの時点までに、内容の7割方は達成しており、その結果をもっての
牧場招待と相成った訳です。

実に小泉総理大臣立候補前から準備が着々となされていたようです。

この内容に沿って、「 構造改革 」の名の元、74法案が上程され、既に
そのほとんどが国会を通過しています。その中でもとりわけ良くぞこんな
ものを国会議員は承認したものだ。しかも波風ひとつ立つことなく。とい
う極めつけの核心が2003年6月20日に成立した新商法です。

これによって、三角合併が可能になりました。

日本の銀行・企業は、すでに内堀まで埋められてしまった格好です。

その構造改革の主たる内容は、アメリカ企業による日本企業の買収を促進
することだったのです。冷静に考えると非常にむちゃくちゃなことが、構
造改革という美辞麗句のもとで堂々と展開されているのです。



2 名前: 朝まで名無しさん 投稿日: 05/03/18 08:54:05 ID:lnYhVh6A

NY株式ダウ = 1万ドル

東証日経平均 = 1万円(昨年10月時点)アメリカ企業の株価は日本の
企業の100倍。

株券を印刷すれば、日本の企業を簡単に購入できる。これを法制化。ソニ
ーもトヨタも簡単に購入できるようになる。

防戦側企業は日銀からお金を借りるしかない。(しかしその日銀のオーナー
とは。。。。。)

このシステムは長期信用銀行買収に於いて実験され、そのシステムをより
強固にしたものがこの三角合併です。長銀買収では、リップルウッドは1
0億円を支払いました。

しかし、これからの三角合併では、アメリカ企業は印刷屋で株券を印刷す
る印刷代だけが日本企業の買収コストとなります。

しかも、2005年以降(つまり竹中平蔵がいなくなって後)
は管轄大臣の許可なくても自由に敵対TOBを掛けることが可能になりました。

自社の実勢価格分の実弾を用意しなければならない日本企業vs印刷代金
だけのアメリカ企業の買収戦争となります。


http://blog.livedoor.jp/zackyamazaki/archives/19006991.html


http://www.nikaidou.com/column01.html
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:14


http://akebonokikaku.hp.infoseek.co.jp/page005.html
から一部を抜き取りました。

(ハ) 牡丹社事件  -「日清両国間互換議定書」に書かれたこと-

 明治4年(1871年)に牡丹社事件というものがありました。那覇に
行った宮古島の貢納船がその帰りに暴風雨で遭難し、台湾南部に漂着、乗
員69人のうち3人が水死、残りは台湾原住民族・パイワン族の集落、牡
丹社に救助を求めたが、54人が殺害された。生き残った12人は翌年、
中国・福建省を経由し那覇に命からがら帰ったという事件です。

 外務卿副島種臣は1873年に北京を訪れ、清国政府と直接交渉しましたが、
清国政府は、台湾の住民は「化外の民」で「教化の及ばぬところ」と事件
に対する責任を拒否したのです。清国政府が台湾に住む部族のしたことを、
我が国の教化の及ばぬ者達が為したことであるから、自分たちに何も責任
はない、我は関知しない、責任は取らぬというのです。これは台湾は完全
なる我が国の領土ではないと世界に発言したものです。台湾の住民すら
「化外の民」であるという国が、本当に尖閣諸島を自国の領土と考えてい
たのでしょうか。誰だって甚だ疑問があると言わざるをえません。さて、
明治政府は74年、牡丹社懲罰の為に「台湾出兵」をします。

 征討軍はまず厦門に立ち寄り、清国の福州総督に出兵の告知をし、その
上で台湾に上陸します。牡丹社を制圧し宮古島民の53柱を回収し、更に
他の台湾部族との戦いも7月には終わり、57部族と和議をします。

 清国とは10月31日、駐清国イギリス公使ウェードの調停で、「日清
両国間互換議定書」が調印されます。

 清国は日本の行為を「民を保つ義挙」と認めて先住民に害された者の遺
族に見舞金10万両を、台湾の現地に日本の征討軍が設置していた施設や
道路を清国が買い上げるという名目で40万両を支払うという内容です。

(これはあるWebサイトの要約です)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「民を保つ義挙」の民とは遭難した宮古島の者のことであり、それを日
本政府との外交文書で示すということは、宮古島の人間は日本国民である
と清国政府が正式に認めたということです。つまり清国は、琉球は日本領
土であると認めたのです。

 これで、中国の中にある、「沖縄は本来清国の属国であり、尖閣諸島が
沖縄に属していたとしても、琉球そのものが清国に属していたのだから、
尖閣は当然中国のものだ」という議論を封じることができます。

という訳で、この問題既に130余年前に解決している問題で、中国政府
はこれで日本国民に揺さぶりをかけて、琉球は譲るから東シナ海のガス田
や石油に文句を言うな位のことを言いたいのでしょうか。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:13

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987