★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 134 )   > この月の画像一覧

「西日本」05/08/11

http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/morning_news033.html

 【台北10日遠矢浩司】台湾の陳水扁総統は十日、日台双方が領有権を主張し漁業
権紛争の舞台にもなっている尖閣諸島(台湾名・釣魚台列嶼)から西南西約百三十キ
ロにある台湾最北部の離島「彭佳嶼」で演説し、尖閣諸島について「釣魚台の領土と
主権は台湾に属する。疑う余地はない」と述べた。台湾の従来の主張を繰り返したも
のだが、総統が尖閣近くの島を訪れて演説するのは異例。

 総統府や台湾メディアによると、陳総統は李傑国防部長(国防相)らとともにヘリ
コプターで島を訪れた。総統は「彭佳嶼と釣魚台は大陸棚を守る要所にあり、好漁場
でもある。経済的、戦略的価値は高い」と語り、領土問題で譲歩する意思がないこと
を強調した。

 一方で、日台漁業交渉については、これまで通り領土問題とは分けて交渉する方針
を明言。「国際法の規則に従い、漁業交渉チームを通じて話し合う。一方的な対抗措
置を取ることはない」とした。尖閣水域をめぐる日台の漁業交渉は、七月二十九日に
東京で開かれたが、合意をみず継続扱いになっている。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:03
(産経新聞8月26日)
http://www.sankei.co.jp/news/050826/kok054.htm

 【ソウル=久保田るり子】日韓条約交渉の文書公開を受けて、韓国政府
は26日、日本の植民地支配と関連し、「従軍慰安婦問題など政府や旧日
本軍が関与した反人道的不法行為には日本政府の法的な責任がある」とし
て、日本に対し、外交的な対策をとる方針を発表した。今後、日韓間の新
たな外交摩擦に発展する可能性がある。同日、李海●首相主催で開いた官
民共同の外交文書公開に関する対策委員会で決めた。

 方針の中で、韓国政府は、日韓条約締結に至った対日請求権交渉は、日
本の植民地支配についての賠償請求を行うためではなく、両国間の財政的、
民事的な債権債務関係を解決するためのものだったとの基本認識を強調。
そのうえで、慰安婦問題などは「日本政府や国家権力が関与した反人道的
不法行為」として、請求権交渉で解決したとみることはできないとの立場
を示した。さらに、日韓交渉で除外されたサハリンの在留韓国人、韓国人
原爆被害者に関しても、日本政府の責任を追及する-としている。

 一方、韓国政府には日本からの無償資金のうち相当の金額を、強制連行
被害者の救済に使わねばならない道義的責任があるとの姿勢も示した。


 ■日韓条約  日本と韓国の国交正常化を規定した日韓基本条約のほか、
日韓請求権経済協力協定、日韓漁業協定、在日韓国人の法的地位協定、文
化財協定の4協定などを含めた総称。1965年6月22日に調印され、
今年は条約締結40周年に当たる。条約締結のための日韓会談は51年の
予備会談で始まり、52年からの本会談は幾度もの中断を重ねながら計7
回に及んだ。

 争点となった韓国の日本に対する請求権問題は62年、当時の大平正芳
外相と金鍾泌中央情報部(KCIA)部長との会談で決着。日本から韓国
には最終的に無償3億ドル、有償2億ドル、民間協力資金3億ドルが提供
された。日本側は日朝国交正常化交渉に影響を与える可能性を懸念し、交
渉文書の全面公開に否定的な立場とされる。(ソウル 時事)

●=王ヘンに贊
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:02
■■◇■■◇■■◇■■◇■■◇■■◇■■◇■■◇■■◇■■
      
      「東京アウトローズ」速報
          
                発行日2005年8月26日

■■◇■■◇■■◇■■◇■■◇■■◇■■◇■■◇■■◇■■

http://blog.melma.com/00143878/20050825121444

「財政投融資」いわゆる財投には、100兆円以上の膨大な不良債
権が存在すると言われ続けてきた。

「公的資金を住宅対策、都市整備、生活環境整備、中小企業の振興
などに融資する」との大義名分の下、水資源開発公団や日本道路公
団といった80以上もある特殊法人などに、財投から巨額資金がジャ
ブジャブと流れ、財投残高は何と330兆円にまで膨らんでいる。

周知のように、その特殊法人を言い表すキーワードは「ずさん」と
「天下り」である。さまざまな特殊法人が、全国各地に<無用の長
物>をつくってきた例は枚挙に暇がない。そして、天下った高級官
僚による<タカリ>は未だに続いており、一向に改まる気配がない。
<バカ高い退職金>を手にして、渡り歩く役人どもの何と多いこと
か。こうしたことを長年続けてきた結果、財投残高330兆円のう
ち100兆円、いや実際には200兆円以上の不良債権があるので
はないか、との見方さえある。

しかし、当の財務省の公式見解は、これを異にする。「不良債権な
ど一切、存在しない」というのが彼らの論法だ。財務省理財局のホ
ームページ「財政投融資リポート2004」をご覧いただきたい。
http://www.mof.go.jp/zaito/zaito2004/Za2004-02-08.html

まさに、モノは言い様である。役人どもは真実を糊塗することにか
けては長けている、としか言いようがない。

ところが、である。山崎拓氏が地元後援会(福岡2区)などに出し
ている「拓レポート」(=写真、H17・8)で次のように述べて
いるのだ。
「財投残高は330兆円にものぼりますが、内100兆円近くが不
良債権化していると見られています」

仮にも山崎氏は首相補佐官である。小泉首相の盟友でもあり、政府
首脳と言ってよい存在だ。その山崎氏の発言だけに事は重大だ。は
たして財務省当局者はこれをどのように聞くのだろうか。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:01
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050829-00000071-kyodo-int

 【ソウル29日共同】韓国の野党ハンナラ党の鄭文憲議員は29日、永
住権を持つ在日韓国人に対して地方選挙権を付与するよう日本政府に求め
る決議案を韓国国会に提出することを明らかにした。与野党の計39議員
による共同提出になるという。

 日本では永住外国人の地方選挙権が実現していないが、韓国では今年6月、日
本人も含む永住外国人に地方選挙権を付与する改正公職選挙法が成立。鄭議員ら
は「日本の国会に対し、相応する立法措置を求めたい」としている。


(共同通信) - 8月29日12時7分更新
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 16:01
8月26日の米国防総省ニュースレターによれば、
在韓混成コマンド司令官のLaPorte陸軍大将はインタビューのなかで「北
朝鮮人民軍は明白な脅威である」と述べ、人民軍と北朝鮮の現状について
述べています。

以下はその内容のエッセンスです。

・六者会合における北朝鮮の雄弁は実に大したものであるが、38度線付近
の休戦地帯での行動には反映されておらず、過去18ヶ月、われわれは(北
朝鮮から)ほとんど挑発を受けておらず、DMZではほとんど事件は発生して
いない

・北朝鮮人民軍は最大で1200万規模の陸軍を保有しており、この他に500万
を動員する能力がある。

・人民軍は12000を超える砲兵部隊を保有しており、地下基地から座ったま
まソウルを射程に入れることが可能である

・北朝鮮は化学兵器用の原材料を多大に貯蔵していると主張し、指導者達
は化学兵器を大量破壊兵器と考えていない。最近になって北朝鮮は教義の
なかで、火力の第3列が化学になるであろうとしている

・北朝鮮は、半島、そしてその背後を射程に収めるミサイルを800基以上保
有している。

・北朝鮮は大規模な特殊作戦を展開する可能性もある。これらの部隊には
12000名以上の兵士が所属しており、これらの高度に訓練され、優秀な装備
の部隊が、戦略偵察・直接攻撃を展開する可能性がある。彼らが海・空・
陸から浸透する訓練を受けていることを忘れてはならない。

・北朝鮮の空軍・海軍は老朽化している。今でも約100隻からなる世界最大
の潜水艦部隊を保有しているが、そのほとんどは小型潜水艦で特殊部隊の
浸透作戦・機雷敷設に使用されるものである。

・空軍は1個飛行隊(ミグ29)、その他はミグの古いタイプで編成されている。
戦闘機パイロットの年平均飛行時間は15時間しかなく、米韓パイロットの
1ヶ月の飛行時間より短い。

・生物兵器を使用する可能性については信じたくないが、使用可能であり、
実験が行なわれていることを知っている。

・北朝鮮は多くの人権問題を抱えている。国民は本当に餓えており、電力
のほとんどすべてが首都・平壌に提供されている。

・北朝鮮は先軍政治をとる国であり、GDPの3分の1を真っ先に軍事費に割
いていると見積もっている。これは人民軍が金・食糧、燃料そして輸送のた
めに必要な鉄道を持っていることを意味する。

・現時点で在韓混成コマンドは、人民軍の大規模地上演習を確認していない
が、大隊・連隊規模の演習は確認している。


http://www.defenselink.mil/news/Aug2005/20050826_2546.html.
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 15:34


              安明進(元朝鮮労働党工作員)

 以下引用するのは最近の幹部講演資料(内部文書、朝鮮労働党出版社)
「歴史的な6・15北南共同宣言発表以降、南朝鮮で大きな変化が起きてい
ることについて」の基本内容です。この資料では、

「歴史的な6・15北南共同宣言(以下共同宣言)の採択から数年が過ぎた。
共同宣言の発表は我が民族の祖国統一の偉業に重大な転換的局面をもたら
す歴史的な出来事として、日に日にその正当性と有効性が大いに発揮され
ている。偉大なる将軍様が準備して下さった歴史的な共同宣言が発表され
た後、南朝鮮では劇的な変化が起きている」

 と述べ、2000年6月15日以降、対南赤化統一路線がいかに貫徹されている
かを指摘しています。

「最近、南朝鮮では人民が我々を支持して同調しており、反米機運がいっ
そう高まっている」

という金正日の言葉を前提としたこの資料は、

「まず、南朝鮮人民の中から偉大なる将軍様に対する称賛の声がいっそう
鳴り響いており、我々を支持しようとする機運が日々高まっている」

と力説しています。また、

「かつて南朝鮮で、敬愛する将軍様の偉大性の宣伝はほとんどが非合法的
に行われていた。宣伝することがあるとすれば、一部の出版物に白頭山三
大将軍(金日成、金正日、金正日の生母である金聖愛)の肖像画を掲げる
程度に過ぎなかった。それ以外に偉大性を宣伝することは南朝鮮傀儡当局
の第一の弾圧対象になっていた。しかし、歴史的な共同宣言が採択されて
以来、合法的に行われている。現在では年間に、出版、報道に千枚以上の
白頭山三大将軍の偉人像が掲げられ、偉大性についての記事は数千件が掲
載されている」

と伝えています。

★朝鮮労働党対南事業部の話は真実だ

 資料が主張する通り、韓国では、

「今やマスコミ各社は、既に公開された偉大なる将軍様の映像や偉大性の
資料を紹介するのでは満足できず、自ら取材団を編成し中国東北地方など
へ出かけ、白頭山三大将軍の革命史跡資料を新たに発掘し、広く紹介、宣
伝している」

 という状況です。実際にソウル特別市城東区龍踏洞に本拠を置く「自主
民報」(www.Jajuminbo.net)というサイトでは、光復(訳註・日本から
の独立)60周年記念特集コーナーを設け、「金正日将軍、百戦百勝」とい
う荒唐な作り話を連載中です。

★偉大なる将軍様が金大中に会ってやった徳

 資料は続けて、

「偉大なる将軍様が金大中に会ってやった時でさえ、大学では共和国の国
旗掲揚が弾圧の対象となっていたのに、今や釜山と大邱など南朝鮮の主要
都市の真ん中に共和国旗が翻り、ッ『平壌の風』、『以北の風』が南朝鮮
中を覆っている」

と述べています。また、

「南朝鮮のマスコミは、米国の核策動と関連して、問題解決の根本的な鍵
が平壌にあり、米国の戦争遂行能力を一瞬のうちに麻痺させられる軍事戦
略と領軍術、高度な対米戦略を体現される敬愛なる将軍様がいらっしゃる
限り、朝鮮半島でいついかなることが起きて驚かされるかわからないので、
心の準備をしっかりとしておくこと」

と力説しています。また、資料は

「平壌で進められている各種行事に参加していた南朝鮮代表らは、我が国
の代表と会った席で、南朝鮮はもちろん東アジアさらに世界を見ても金正
日国防委員長のような立派な指導者はまたといない、金正日国防委員長が
いらしてこそ6・15共同宣言があったのだ、いつも我が民族を見下していた
米国のやつらが我が朝鮮民族を尊重する驚くべき現実が繰り広げられてい
るなどと語った」

と主張しています。このような北朝鮮の主張がこれまでの嘘とは違ってそ
れなりに根拠があることは、次のようなサイトを見てみると容易に理解で
きます。

▲全国民衆連帯 ▲統一連帯 ▲韓総連 ▲民衆の声 ▲祖国統一汎民族連合
 ▲本当の言葉で ▲南北共同実践連帯 ▲汎青学連

★金正日が統一大統領

 資料はさらにだめ押しで金正日を統一大統領に、平壌を統一祖国の首都と
いう、話にもならない主張を展開しています。

「民心が偉大なる将軍様に傾き、学界では平壌が統一祖国の首都でなけれ
ばならないという主張まで出ている」

というのがそれです。一方で

「歴史的な共同宣言の発表以降、敬愛する将軍様の偉大さに対する賞嘆の
声と我が共和国に対する憧憬が高まり、南朝鮮社会では我々を手本にし、
我々式の表現を使うことが非常に増えている」

としつつ、

「今や『金日成将軍の歌』、『金正日将軍の歌』をはじめとする我々の不
滅の革命頌歌と革命歌謡が公の行事で次々と登場するほどだ」

と主張します。

★やはり美女応援団は対南宣伝の先兵

「昨年、我が国の応援団が釜山のアジア大会に登場し、南朝鮮の地に旋風
を巻き起こした時も、南朝鮮の人々は父なる首領様が大徳山哨所で使われ
た『一当百(訳注・一騎当千の意)』という表現をそのまま引いて、『金
正日国防委員長が送った一当百の乙女軍団』、『一当百の選手たち』とお
おっぴらに言い、北と南の応援団が『渾然一体』となったとまで語った」

という北朝鮮の主張は、やはり美女応援団を対南宣伝の先兵として活用し
たことを証明しています。続けて資料は、

「最近、南朝鮮では反米運動が大衆運動として広まると『我が国民が一心
団結した』、『反米自主』などの言葉が現れ、社会では『強盛大国』、
『統一の花』、『勝利の隊伍』という我々式の表現が広く使われている。
これと関連して、南朝鮮傀儡当局は『南北対話以降、用語使用において北
側の語彙を使うことが増えた』、『北の文化がなんの拒否感もなく伝播し
ている』と悲鳴を上げている」

と記しています。

★反北と親北の力量関係評価

「次に南朝鮮では、反共保守勢力に比べ、連共勢力が力量としては優勢を
しめており、『我が民族同士で』という大命題の下、南朝鮮の人民の民族
自主意識、反米自主意識が急激に高まっている」

と書いたこの資料は、急増する親北勢力の蠢動に対して私たちが警戒心を
高めなければならないことを示唆しています。

「共同宣言以降(中略)自分を反共保守だと言っていた人々は80%、進歩
派だとした人は20%未満だった。それに対し我々の思想に共感し同調した
勢力は地下の少数に過ぎなかった。しかし今は逆転した。社会の主流だと
言っていた反共保守勢力が追いやられ、弾圧され息を潜めていなければな
らなかった進歩的運動勢力が翼を広げ主流となった。

傀儡大統領選挙で極右保守勢力であるハンナラ党の候補が敗れ、進歩的勢
力の指示を受けた候補が当選するという劇的な結果になったのもこれと関
連している。保守勢力はさらに社会の隅にやられ、民主化運動の先頭に立
って当局の弾圧を受けていた運動家出身者が権力を握った。また80年代の
学生運動勢力である『三八六世代』が、社会の中枢はもちろん青瓦台にま
で進出するなど、かつては想像もできないことが繰り広げられている」

 北朝鮮の主張が完全なでっち上げではないという考えを打ち消すことは
できません。

★南朝鮮に朝鮮労働党政権が登場する

 今、朝鮮労働党の対南戦略は驕慢の限界を越えたものであることも文書
からわかります。

「保守勢力の中には、この先10年、南朝鮮に『朝鮮労働党政権』が登場す
るかも知れないという声が上がっている。南朝鮮では歴代のファッショ当
局が我々と関連付けて数多くの愛国者を虐殺、処刑してきたもろもろの
『事件』が今年に入って弾圧事件として再究明され、むしろ事件をでっち
上げた者たちを処罰した。これら全ての変化は、偉大なる将軍様が歴史的
な共同宣言を出され、南朝鮮で進歩勢力の活動空間を広げて下さり、ごく
少数の反共保守分子を徹底的に孤立させた結果」

であると、この資料は書いています。続けて、

「共同宣言に明記された『我が民族同士で』という大命題はやはり南朝鮮
人民の中に民族自主意識を高めることに大きく作用した」

「南朝鮮人民は、我々が強力な軍事的抑止力を持ったということについて、
『爆弾宣言』、『とどめの一撃』、『それこそ米国に衝撃と恐怖』と言い
つつ、我々が米国に打撃を加えたことについて驚嘆を禁じ得ない」

と書いています。

★韓国内の反米を助長し、反米指示を下している労働党

 現実を増幅、歪曲しながら韓国内の反米感情を助長し、親北勢力に次の
指令まで下達してい労働党でなければ次のような話をできるでしょうか。

「最近、南朝鮮の各界各層を対象にした世論調査によれば、回答者の82%
が北の立場を考慮して核問題に対応しなければならないとした。そして大
部分の人が、もし米国が朝鮮半島で戦争を起こしたら、南朝鮮『政府』が
米国側に立つのではなく、北側について米国と戦わなければならないと示
した。また南朝鮮ではブッシュの『悪の枢軸』発言を糾弾する反米闘争か
ら始まり、米軍装甲車による女子学生殺人事件に対するろうそくデモなど、
常に反米闘争が進められている。

このような反米闘争はイラク戦争に反対する反米反戦闘争として盛り上が
り、女子学生追悼ろうそくデモは今も南朝鮮のあちこちで展開されている。
反米闘争の中で、ソウルの飲食店に『米軍おことわり』という張り紙が貼
られ、米軍兵士が真っ昼間に道で殴られ、米軍基地が襲撃されるなど、か
つて米軍にとって『天国のようなところ』だった南朝鮮が、今や『最も行
きたくない所』に変わった。女子学生殺人事件について、南朝鮮駐屯米軍
司令官、南朝鮮駐在米国大使、米国務長官、米大統領らが、うわべだけと
は言ってもいちいち謝罪したことは、これまで想像もつかなかったことだ」

というのがそれです。締めくくりの部分でこの資料は、

「このように共同宣言以降、南朝鮮人民の反米自主意識、民族意識は以前
とは比べものにならないほど高くなっている。以上の事実は。共同宣言こ
そが、南朝鮮において、民族和解と団結、祖国統一という大勢に誰も逆ら
えないほど大きな変化を内包した民族統一の宝刀であることを雄弁に物語
ってくれる。全てのイルクンは、歴史的な6・15共同宣言を準備して下さり、
祖国統一の転換的局面を開いて下さった敬愛なる将軍様の偉大さをよく理
解し、将軍様の先軍領導を受け、祖国統一の歴史的偉業を成し遂げる闘争
において、自己の全戦力と知恵を捧げなければならない」

と述べています。

 今後朝鮮労働党の指示がどのような者たちによって貫徹されていくのか、
注目していかなければなりません。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 15:32
◆「あ然とさせる発言」麻生外相を米紙が痛烈批判 (読売2/14)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060214i503.htm

 【ニューヨーク=大塚隆一】13日付の米紙ニューヨーク・タイムズ
は、靖国神社参拝や植民地統治をめぐる麻生外相の発言を痛烈に批判す
る社説を掲載した。

 問題にしたのは、天皇陛下の靖国参拝が望ましいとした発言や台湾の
教育水準の高さを日本の植民地政策と結びつけた発言。同紙は、アジア
の人々の怒りをあおる「あ然とさせる発言」で、「外交感覚も歴史感覚
もおかしい」と評した。

 日本の指導者の歴史認識に対する同紙の批判は、米主要紙の中でも突
出している。事実関係について議論がある問題では中国、韓国側の主張
に沿った記述が目立ち、この日の社説でも従軍慰安婦と南京事件につい
て、それぞれ「韓国の若い女性の大量拉致と性的奴隷化」「中国の民間
人数十万人の嗜虐(しぎゃく)的な大量殺りく」と断じた。

(2006年2月14日10時52分 読売新聞)



───────────────────────────────────

こちらの記事は、間違いなく大西でした。

By NORIMITSU ONISHI

http://www.nytimes.com/2006/02/11/international/asia/11watanabe.html?_r=1&oref
=slogin


◆読売新聞会長「小泉首相、歴史も知らない」

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=72646&servcode=200§code=
200

「中央日報」06/02/12

日本の保守メディアを代表する読売新聞の渡辺恒雄会長兼主
筆が小泉純一郎首相の靖国神社参拝を辛らつに批判した。

同氏は11日付ニューヨークタイムズのインタビューに「歴
史も哲学も知らず、勉強もせず教養も全くない」という表現ま
で動員した。

「小泉首相が『靖国参拝のどこが誤っているのか』『靖国を
批判する国は韓国、中国しかない』と愚かな発言をするのは無
知から始まったこと」とも述べた。

第2次大戦で徴集された経験のある同会長はまた「日本が暴
悪だった戦争時代を認める必要がある」とし最近、日本での民
族主義復活を警戒した。

会長は「(第2次大戦時の日本の自殺特攻隊である)神風隊
員たちが『天王陛下万歳』と喜び勇んで突進したというのは皆
うそだ」とし「(怖気づいて)立ち上がることもできない隊員
を強制的に飛行機に押し込むこともあった」と述べた。

同会長は最近、月刊誌の対談など公開的な機会を借りて相次
いで自分の歴史観を明らかにしている。

ニューヨークタイムズは同会長の心境の変化を▽80歳を迎
えた年齢▽夫人の脳出血など個人生活の変化--に始まったも
のと分析している。

同紙は渡辺会長を「‘幕後’の将軍」にたとえながら、読売
の変化は日本の保守政界にも変化をもたらしていると言及した

[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 10:09
http://www.nytimes.com/2006/02/13/opinion/13mon3.html

Japan's Offensive Foreign Minister
日本の攻撃的な外務大臣

People everywhere wish they could be proud of every bit of
their countries' histories. But honest people understand
that's impossible, and wise people appreciate the positive
value of acknowledging and learning from painful truths
about past misdeeds. Then there is Japan's new foreign
minister, Taro Aso, who has been neither honest nor wise
in the inflammatory statements he has been making about
Japan's disastrous era of militarism, colonialism and war
crimes that culminated in the Second World War.

人々がどこでも彼らが彼らの国の歴史のすべてのビットを誇り
に思い得たならいいのにと思う。 けれども正直な人々がそれ
が不可能であることを理解する、そして賢明な人々が交信の成
立を確認して、そして痛ましい真実から過去の悪事について学
ぶことについての肯定的な価値を正当に評価する。 それなら
日本の第二次世界大戦で頂点に達した軍国主義、植民地政策と
戦争犯罪の悲惨な時代について彼がしていた扇動的な陳述に正
直でも、そして賢明でもなかった日本の新しい外務大臣、太郎
麻生がいる。

Besides offending neighboring countries that Japan needs
as allies and trading partners, he is disserving the
people he has been pandering to. World War II ended before
most of today's Japanese were born. Yet public discourse
in Japan and modern history lessons in its schools have
never properly come to terms with the country's
responsibility for such terrible events as the mass
kidnapping and sexual enslavement of Korean young women,
the biological warfare experiments carried out on Chinese
cities and helpless prisoners of war, and the sadistic
slaughter of hundreds of thousands of Chinese civilians in
the city of Nanjing.

日本が同盟国と貿易相手国として必要とする隣接する国の感情
を害することに加えて、彼は彼が迎合していた人々に損害を及
ぼしている。 今日の大部分の日本人が生まれる前に、第二次
世界大戦は終わった。まだ日本での公開討論とその学校での近
代史レッスンが韓国の若い女性たちの大量の誘拐と性の奴隷化
、中国の都市に実行された細菌戦実験と無力な捕虜と南京市の
何十万という中国の文民のサディスティックな大虐殺のような
ひどい事象で適切に一度も国の責任を真に理解したことがない


That is why so many Asians have been angered by a string
of appalling remarks Mr. Aso has made since being named
foreign minister last fall. Two of the most recent were
his suggestion that Japan's emperor ought to visit the
militaristic Yasukuni Shrine, where 14 Japanese war
criminals are among those honored, and his claim that
Taiwan owes its high educational standards to enlightened
Japanese policies during the 50-year occupation that began
when Tokyo grabbed the island as war booty from China in
1895. Mr. Aso's later lame efforts to clarify his words
left their effect unchanged.

それは、去年の秋に外務大臣に任命されてから、それほど多く
のアジア人が麻生がした一連の恐ろしい発言によって怒らせら
れた理由である。 最も最近のものの2つが台湾が、東京が1
895年に中国から戦争の強奪品として島をつかんだとき、始
まった50年の職業の間にその高い教育の標準を賢明な日本の
政策に負うという日本の皇帝が、14人の日本の戦争犯罪人が
名誉に思うそれらと彼のクレームの間にいる軍国主義の靖国神
社を訪問するべきであるという彼の提案であった。 彼の言葉
を明確化する麻生の後のつじつまが合わない努力は彼らの効果
を変化していないままにしておいた。

Mr. Aso has also been going out of his way to inflame
Japan's already difficult relations with Beijing by
characterizing China's long-term military buildup as a
"considerable threat" to Japan. China has no recent record
of threatening Japan. As the rest of the world knows, it
was the other way around. Mr. Aso's sense of diplomacy is
as odd as his sense of history.

中国の長期の軍事力増強を日本に対する「かなりの脅威である
」と特徴づけることによって、麻生は同じく(今まで)わざわ
ざ北京との日本のすでに難しい関係を煽りたてるよう努力して
いた。 中国は日本を脅迫することについての最近のレコード
を持たない。 世界の残りが知っているように、それはその逆
であった。 麻生の外交の感覚は歴史の彼の感覚と同じぐらい
奇妙である。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 10:08
2006/02/14(火) 中国情報局

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0214&f=national_0214_005.shtml

  陝西(せんせい)省北部を流れる無定河で4-5日にかけて、化学工
場から漏れ出したアルカリ性の廃水約2000トンが流れ込んだ。工場側
は操業を一時停止したが、行政当局に通報しなかった。この「隠蔽行為」
は中国で発行される英字紙チャイナデイリーなどが報じたことにより明ら
かになった。

  工場の所在地は陝西省・米脂県で、4日22時-5日14時にかけて
事故が発生した。約16時間にわたり、有害物質が流れ出ていた計算にな
る。

  5日の正午過ぎになって、住民の通報により、地元政府の環境部門の
担当者が現場に駆けつけたが、廃水を貯めていたタンク3つはすでに空に
なっていた。

  危険な濃度には達していないとして、無定河の取水停止には至らなか
ったもようだが、漏れ出した廃水には人体に有害な硫化物が約1トン含ま
れているという。

  漏出事故を受けて、「今回の汚染事故は、大きなダメージをもたらさ
なかったが、化学工場に対する安全管理に警鐘を鳴らしているように思え
る」と話す行政関係者もいる。(編集担当:菅原大輔・如月隼人)

■関連ニュース

・「魚、捕ろう」と殺虫剤を川へ、出頭理由に軽い処分(2005/01/26)

・広東:カドミウム汚染源「草木も生えぬ」環境模範工場(2005/12/26)
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 10:07
 (毎日2/14)

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/20060214k0000e030038000c.
html

 【ワシントン及川正也】米紙ニューヨーク・タイムズは13日、日中関
係や靖国神社参拝などをめぐる麻生太郎外相の最近の歴史認識発言を取り
上げ、「扇動的な発言からは誠実さも賢明さもうかがえない」と批判する
社説を掲載した。

 社説は「日本の攻撃的な外相」と題し、外相が「天皇陛下の(靖国神社)
参拝が一番だ」と述べたことや、日本の植民地支配下の台湾で教育水準が
上がったことを指摘した発言を取り上げ、「一連のがくぜんとする発言に
よりアジアの人々の反感を買った」と批判。

 従軍慰安婦問題や細菌兵器実験、南京事件について、日本の学校での現
代史教育で「国の責任にきちんとけじめをつけていない」ことが反感の背
景にある、との見解も示した。

 また、中国の軍備拡大について「かなりの脅威」と発言したことにも触
れ、「悪化する日中関係にわざわざ火を付けた」と論評。「麻生氏の外交
センスは彼の歴史認識と同様に奇妙だ」と締めくくっている。

 ただし、社説は、南京事件の市民の犠牲者を中国側が主張している
「数十万人」としたり、中国潜水艦の領海侵犯事件などがありながら
「中国が最近、日本に脅威を与えたような記録はない」と指摘するな
ど、中国寄りの論評となっている。
[PR]
by sakura4987 | 2006-02-27 10:06

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987