★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 190 )   > この月の画像一覧


http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/10/27/20061027000056.html

 「386世代(1990年代に30歳代で80年代に大学に通った60年代生まれの世代)の元活動家の一部が関与した大型スパイ事件だ」

 26日、40代前半の元活動家3人の逮捕状請求が裁判所に受理された直後、公安当局の関係者はこの事件の性格についてこう定義した。

 米国で市民権を得て、10年余りにわたりスパイ活動を行っていた容疑で逮捕されたチャン・ミンホ容疑者(44)の「包摂(一般人を工作員への協力者にする)現況リスト」に載っている386世代の元活動家らが相次いで逮捕され、事件はさらに拡大するものとみられている。


■「労働党員」チャン容疑者の「リスト」がカギ

 「この人をご存知でしょう? 北朝鮮のスパイです」

 24日午前10時30分頃、民主労働党前中央委員のイ・ジョンフン容疑者(42)と、自営業のソン・ジョンモク容疑者(42)の自宅。国家情報院の要員はチャン・ミンホ容疑者の写真と逮捕状を見せ、このように告げた後、両容疑者に手錠をかけた。

 国家情報院によると、チャン容疑者は1989年と98年、99年の3回にわたって北朝鮮に入国した。また、89年から93年の間に北朝鮮の対南工作部署で秘密教育を受け、金日成(キム・イルソン)父子への忠誠を誓って朝鮮労働党に入党したという。

 このとき以来、10年余りにわたって韓国と米国、中国、北朝鮮を行き来しながら、各国の機密を北朝鮮に流出していたというのが、同容疑者の主な逮捕容疑だ。

 同容疑者は1981年に成均館大に入学し、その翌年には米国へ渡り米軍に入隊し、米国の市民権を得たことが分かっている。

 国家情報院は同容疑者の自宅と事務所から、これまでに包摂した10人余りの名前や連絡先などが記された「リスト」を押収し捜査を進めている。リストには政治家や民間団体の幹部らの名前も多く含まれているという。


■「民主労働党の2幹部が捜査対象の中心」

 チャン・ミンホ容疑者のリストに掲載されており、すでに逮捕されている4人の容疑者はすべて、1980年代中盤に各大学の総学生会や全国大学生代表者協議会(全大協)の幹部として活動していた(図を参照)。

 公安当局の関係者は「今回の捜査対象の中心は民主労働党の幹部2人だ」と話した。

 これは同党副事務総長のチェ・ギヨン容疑者(40)と、イ・ジョンフン容疑者(42)を指すものだ。

 両容疑者らは大統領府や与党の要人らと幅広い人脈を築いていることが分かっている。当局では両容疑者らを通じ、さまざまな機密情報が北朝鮮に漏れていたものとみて、追跡調査を行っている。

 国家情報院関係者は「逮捕の際に押収したパソコンやフロッピーディスク、電子メールなどの資料、写真などの物証があまりにも多いため、対共捜査局の職員全員を投入して解読・分析作業にあたっている」と話している。

 今回の事件の主犯格であるチャン・ミンホ容疑者は、スパイ容疑については一部認めているが、逮捕状の審査は拒否しているという。一方、イ・ジョンフン容疑者とソン・ジョンモク容疑者はスパイ容疑を全面否認した。

 だが、ある公安関係者は「スパイ容疑がかなり具体的であり、裁判官が逮捕状を棄却することはあり得ない」と楽観視している。また、2人が今年3月に北京で北朝鮮の工作員と会っている場面が写っている写真数枚も押収済みだという。

 別の公安関係者は「家宅捜索の際、多数の暗号が書かれた書類を押収している。暗号による報告書はスパイ教育を受けていなければ作成できないものだ」と話す。

 こうした中、国家情報院周辺では、今後呼び出される対象者の実名リストが出回っている。検察と裁判所は「広範囲な追加捜査を行うため、情報の遮断が必要だ」として、チャン容疑者らの逮捕容疑は公開していない。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-30 15:42
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20061030/20061030_001.shtml

 韓国と北朝鮮が2008年北京五輪の南北統一チーム参加について話し合う中で、北朝鮮が団旗の朝鮮半島地図に、日韓両国が領有権を争う竹島(韓国名・独島(トクド))を加えるよう主張していることが分かった。これを韓国側の大韓体育会が拒んでいることも判明。

 韓国国会から「韓国領・独島の存在を否定するような体育会の態度は問題だ」との声が上がり、波紋を広げそうだという。

 韓国の通信社・聯合ニュースによると、北朝鮮側は昨年12月の南北体育会談で「世界にわが国の正しい姿を知らせる必要がある」として、朝鮮半島と済州島が表記された従来の団旗に竹島を加えるよう提案。これに対し、大韓体育会は「前例が確立されており、従来の団旗を維持することが望ましい」と主張した。

 今年6月の再会談で体育会側は、北朝鮮の提案に理解を示しつつも、「独島表記は外交的対立をもたらしかねない」と否定的な姿勢を貫いた。

 この経緯を最近知った国会の文化観光委員会は「予算の92%が国庫と基金で賄われている大韓体育会は公益団体。韓国体育外交の代表として国益確保の先頭に立つべきだ」と怒っているという。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-30 15:41
 上野からJR常磐線に35分ほど乗ると、利根川と手賀沼にはさまれた千葉県我孫子市に着く。何の変哲もない首都圏のベッドタウンだが、福嶋浩彦市長(50)と市議会ががっぷり四つに組んで熱い論議を繰り広げている。

 バトルの源は、市長が提案した市の憲法ともいえる我孫子市自治基本条例案だ。努力目標ながら連続4期以上の市長多選禁止を盛り込み、議員定数を減らすため「4年以内ごとに市民の意見を聴かねばならない」と明記した刺激的なものだが、議会は猛反発している。

 市長は初当選時に、「あらゆる既得権をなくし、公正で透明な行政を行う」と宣言。普通なら1年もたたないうちにうやむやにしてしまうところを、議会との根回しや裏折衝は一切せず、本会議や委員会はいつもガチンコ勝負。予算案や条例案が否決されたり、修正されたりするのは日常茶飯事だそうだ。

 公約通り4期目となる来年の市長選不出馬を表明した福嶋氏は「市長は常に市民の方を見て対話し、まちづくりを行うべきです。その行政を監視するのが議会の役割で、市長と議会が仲良くする必要はまったくありません」と語る。まったくその通りだ。

 きのう収賄容疑で逮捕された前知事辞任に伴う福島県知事選が告示されたが、知事を監視する立場の県議会は今まで何をやっていたのか。談合事件で県出納長が逮捕された和歌山県議会も「知らなかった」ではすまされない。

 日本の地方議員の報酬は、交通費程度しか支払われないケースが多い諸外国に比べ、べらぼうに高い。東京では区議でも年収が1000万円を軽く超えている。そんな議会なんていらない、と住民に言われる前に徹底したリストラを自ら断行すべきだ。むろん、国会もだ。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-27 15:33
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/10/25/
20061025000030.html

 韓国軍当局が射程距離1,000-1,500キロの韓国製長距離巡航ミサイルをすでに実戦配備または開発しているということは、韓国の戦略兵器の重要な軸の一つが巡航ミサイルであることを意味している。

 慣性の法則により放物線状の軌道を描きながら飛行する弾道ミサイルについては、北朝鮮が射程距離1,300キロのノドンミサイルを実戦配備、射程距離 6,000キロ以上のテポドンミサイル2号を開発したのに対し、韓国は射程距離300キロの国産ミサイル「玄武(ヒョンム)」と米国製「ATACMS」のみを保有、明らかに劣勢だといわれていた。

 こうした北朝鮮ミサイルの脅威に対処し、統一後に周辺諸国に対応する「ハリネズミの針」のような戦略兵器として巡航ミサイル開発の道を選択したのだ。

 1990年代初めから本格開発に着手、かなり進行していたが、極秘とされてきた。射程距離1,000キロの「玄武3」は、1、2年前から実戦配備されていたが、その事実はまったく伝えられていなかった。

 こうした極秘事項がこのところ一つ二つとメディアに漏れ、公開されている背景も関心を呼んでいる。

 軍当局は中国・日本などの周辺諸国を刺激する可能性が高いため、しばらくベールに包まれた「秘密兵器」にしておくしかなかった、という立場をとっている。

 しかし今年7月の北朝鮮によるミサイル発射や先日の核実験、戦時作戦統制権(統制権)の単独行使推進により、安保への不安の声が上がったことから、政府の一部から国防部に巡航ミサイル開発の事実を公開するよう指示があったという。しかし国防部はこれについて依然「確認できない」と慎重な立場だ。


 韓国製巡航ミサイルは▲慣性誘導装置(INS)▲コンピューターに入力された地図と実際の地形を比べながら飛行する地形等高線照合方式(TERCOM)▲ミサイルコンピューターに記憶させておいた目標地点の映像と、ミサイルに設置された光学測定装備や赤外線探索器が撮影した資料を比べ、命中率を高めるデジタル式情景照合装置(DSMAC)などの誘導方式により、精度を数メートル単位にまで高めた。

 韓国では射程距離500-1,500キロのミサイルを直線飛行させ実験することができないため、四十数キロ離れた地点に目標物を設置しておき、ミサイルが目標物上空を数十回循環した後、目標物に着弾する方式で実験を行っている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆「韓国、巡航ミサイルを実戦配備中」…東京・北京も射程内 (朝鮮日報 06/10/25)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/10/25/20061025000027.html

 韓国軍当局や国防科学研究所(ADD)が射程距離500-1,500キロの巡航ミサイル4種類を開発中か、もしくは開発を終え実戦配備中であることが分かった。

 現在、韓国軍が開発中または実戦配備しているいわれる射程距離500キロ以上の巡航ミサイルは、地対地の「玄武Ⅲ(ヒョンムⅢ、射程距離1,000キロ)」と「玄武ⅢA(同1,500キロ)」、空対地の「若鷹(ポラメ、同500キロ以上)」、艦対地・潜対地の「天竜(チョンリョン、同500キロ以上)」とのことだ。

 韓国軍が独自開発した巡航ミサイルの種類や射程距離が確認されたのは初めてのことだ。

 韓国政府消息筋は24日、「1、2年前に射程距離1,000キロの地対地巡航ミサイル“玄武Ⅲ”開発に成功、すでに一部はある基地に実戦配備中と聞いている」としている。同消息筋によると「射程距離が玄武Ⅲより500キロ長い“玄武ⅢA”も開発がかなり進んでいる」とのことだ。

 これは、北朝鮮全域はもちろん、東京や北京などかなりの数の周辺諸国主要地域を射程に入れたもので、北朝鮮と周辺国への戦略打撃能力を大幅に向上させたものとして評価できる。

 韓国製巡航ミサイルは正確度5キロ以内と優れており、巡航ミサイルの代名詞となっている米国のトマホークに劣らない性能とのことだ。

 韓国政府は2001年にアメリカと合意したミサイル指針により、「射程距離300キロ、弾頭重量500キロ」以上の弾道ミサイル開発は制限されている。

 しかし巡航ミサイルの場合は、無人航空機(UAV)と同系列に分類され、「弾頭重量500キロ」を越えなければ射程距離の制限がない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆射程1000キロ、巡航ミサイルの試験発射に成功 (中央日報 06/10/25)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=81119&servcode=200§code=200

韓国軍が射程1000キロの巡航ミサイルの試験発射に成功した模様だ。政府関係者は24日「軍と国防科学研究所(ADD)が射程1000キロメートルと1500キロメートルの巡航ミサイルを開発していると聞いている」と述べた。

韓国軍は最近、射程500キロメートルの巡航ミサイル「天竜(チョンリョン)」の開発を完了した。韓国独自の技術で開発している1000キロメートルの巡航ミサイルは、着弾誤差が5メートル程度と精度が非常に高いとされる。

 ソウルや京畿(キョンギ)北部で発射する場合、北朝鮮全域と中国北京が射程に入る同ミサイルは、慣性航法装置のほか、ミサイルに装着された赤外線カメラで撮影した地形とあらかじめ入力した地形データを比較し位置を確認できるという。

政府は01年に米国と合意したミサイル指針により、射程300キロメートル、弾頭の重量500キログラム以上の弾道ミサイル開発は制限されるが、巡航ミサイルは500キログラム未満なら射程に関係なく開発できる。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-27 14:42
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?
&d=20061023&j=0022&k=200610230959

 中学校の卒業式で君が代演奏のカセットテープを止め懲戒戒告処分となった男性教諭(49)が処分取り消しを求めた審査請求で、道人事委員会は二十三日、学校長の式運営手続きに重大な瑕疵(かし)があり、道教委が処分したのは「裁量権の逸脱に当たる」として、処分を取り消す裁決を行った。

 文部科学省によると、日の丸・君が代をめぐる懲戒処分で都道府県人事委が処分を取り消したのは、全国初とみられる。

 裁決によると、教諭は二○○一年三月、後志管内倶知安中の卒業式で、校長席近くに置かれたCDカセットを校長の制止を振り切って持ち去り、君が代の演奏を止めた。同校では、君が代演奏について校長と教職員間の意見が対立したまま校長が実施を最終判断。式次第に「国歌斉唱」の表記はなかった。

 裁決は、「教職員に対する式での日の丸・君が代の強制は思想・良心の不当な侵害と解される」と指摘。国旗掲揚・国歌斉唱の根拠となる学習指導要領の「日の丸・君が代指導条項」については「法的拘束力は否定せざるを得ない」とした。

 その上で、「校長の校務掌理権は、個々の教員の裁量権限を十分に尊重して行使すべきだ」とし、式の運営方法を職務命令だけで決定するのは不適切だと指摘。

 教諭が式を混乱させたことは信用失墜行為に当たるとしたものの、「式の運営について明確な発表や告知がなく、手続き上、重大な瑕疵があった。混乱は一瞬にとどまり、他の事案と比べても処分は相当重い」と結論づけ、処分取り消しとした。

 また、「運営について生徒や保護者にも意見表明の機会が与えられるべきであり、こうした過程を経ず斉唱・演奏の実施、不実施が決まることは子どもの権利条約に反する」との判断も示した。


 道教委は「主張が認められなかったことは誠に遺憾。対応については、裁決内容を十分検討し判断する」(平山和則企画総務部長)としている。道教委は道人事委に再審請求できるが、判断の根拠とした証拠が偽造だった場合などに限られ、事実上、困難とみられる。


■北海道人事委員会

人事委員会は、議会及び知事から独立した人事行政の専門機関であり、職員の採用、昇任の試験・選考を行うほか、職員の給与に関する道議会や知事への勧告、職員からの不服申立ての審査などを行っています。

〒060-8588 札幌市中央区北3条西7丁目
電話:011-231-4111(内線32-421)
FAX:011-232-2709


■北海道庁
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
代表電話:011-231-4111
代表FAX:011-251-3879

■教育長
電話:011-251-6321
FAX:011-232-1062

■意見のメール先
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/toiawase/index.html
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-27 14:40


http://newsflash.nifty.com/news/tp/tp__yomiuri_20061024ia21.htm

 内閣府は24日、政府が進める少子化対策について意見を募集するコーナーをホームページ上に開設した。

 少子化対策に国民の声を反映させるのが目的で、初回のテーマは「出産育児一時金など出産時の経済的負担」と「不妊治療」。意見はホームページ上から書き込める。内閣
府ホームページのアドレスは(http://www.cao.go.jp/)

■少子化に関する意見をお聞かせください (内閣府-高市大臣)
http://www8.cao.go.jp/shoushi/iken/index.html

■上記のテーマについての意見先↓
http://www.iijnet.or.jp/cao/kikaku/opinion-shoushika.html
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-27 14:39
http://www.asahi.com/international/update/1026/001.html

 尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を主張する香港や中国の活動家らが乗って同諸島に向かっている漁船が25日、ポンプの故障やけが人を理由に台湾北部の基隆港に寄港しようとして、台湾当局から拒否された。その後、漁船のエンジンも故障したため、修理のための寄港が許された模様だ。

 香港保釣行動委員会(保釣は釣魚島の領有権保持の意味)によると、漁船は台湾海峡を越えて同日正午までに基隆沖に到達。しかし、エンジン冷却装置のポンプが故障した上、メンバー3人が高波で転倒するなどでけがをした。

 台湾港湾当局は「入港申請が出ていない上、船籍も不明」と基隆への入港拒否の理由を説明。医師を派遣したところけがも軽傷だったとして、緊急入港も認めなかった。

 台湾当局の対応に同委員会の何俊仁副代表は「96年の抗議の際は台湾の港に入港できた。台湾当局は日本の圧力を受けていると疑わざるをえない」などと抗議した。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-27 14:37
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?
&d=20061026&j=0023&k=200610261565

 下村博文官房副長官は二十五日、東京都内で講演し、従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた一九九三年の河野洋平官房長官談話について「個人的にはもう少し事実関係をよく研究し合い、その結果については時間をかけて客観的に科学的な知識をもっと収集して考えるべきではないかと思う」と述べ、再調査が必要との認識を示した。

 安倍晋三首相も以前は河野談話に懐疑的だったが、首相就任後は同談話を踏襲する考えを示しており、これと食い違う側近の発言は野党から批判が出そうだ。

 下村氏は講演で、河野談話や植民地支配を謝罪した九五年の村山富市首相談話を踏襲するとした首相発言に対し「一国会議員としての発言と首相としての発言は違って当然だ」と指摘。

 「首相が考えを曲げたとか、ひよったということではない。(国会答弁などを)よく読むと、村山談話や河野談話についても百パーセントそのまま(踏襲する)ということではなく、首相としての立場から答弁している」と述べ、首相が談話の内容に必ずしも納得したわけではないとの見方を示した。

 河野談話は、戦争中の従軍慰安婦が「意思に反して集められた」「官憲等が直接これに加担した」とし、官憲による「強制連行」の存在を認めている。


■下村博文官房副長官 国会事務所

〒100-8982
 
東京都千代田区永田町2-1-2
       衆議院第二議員会館334号

電 話:03-3508-7084
FAX:03-3597-2772

メール:shimomurahakubun@nifty.com
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-27 14:36
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061025-108473.html

 国民新党の亀井静香代表代行は25日、衆院統一補欠選挙で自民党候補が2勝したことに関連して、公明党の支持母体である創価学会の支援が勝因との認識を示した上で「麻薬を打ち過ぎて、自民党は野垂れ死にする。今は気持ちはいいが、効いてきてアウトになる」と批判した。

 郵政民営化関連法案に反対して自民党を離党した議員の復党をめぐり、安倍晋三首相が前向きな姿勢を示していることには「(自民党が)勝てると思えばやらない。みっともない」と批判した。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-27 14:35


http://today.reuters.co.jp/news/articlenews.aspx?type=worldNews&storyID=2006-10-25T070518Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-233494-1.xml

 ドイツ連邦情報局(BND)は24日、イランが2015年よりも前に核爆弾を開発できるようになる可能性は低い、との見方を示した。

 BNDの局長は、安全保障関連の会議で「はっきりした時期を特定するのは困難」としながらも「現在のウラン濃縮ペースでは、イランが2010年までに核兵器を開発するのに十分な、高度に濃縮されたウランを保有することはない。核爆弾(開発)は2015年くらいと予測している」と語った。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-27 14:35

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987