★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 124 )   > この月の画像一覧



 (世界日報 2008/10/28)


 図書館「市民の要望に応えた」  市議「ポルノと同類、処分を」


 「BL(ボーイズラブ)本」というものをご存じだろうか。高校生風の若者が表紙を飾るが、コミックではない。男性同性愛を扱った少女向け小説だ。この夏、堺市の市民が、性描写があり過激なイラストもある「BL本」を公立図書館が大量に購入して、開架するのは青少年育成からも不適切と抗議、改善と実態の公表を迫った。図書館側は五千四百九十九冊を所蔵、購入額は三百六十六万八千八百八十三円と回答した。BL本大量購入の背景を取材した。

 堺市中央図書館の担当者によれば、現在、中央図書館に約二千冊、北・南・西・中図書館にそれぞれ四百冊から八百冊程度ある。平成二年に初めて購入した時は一、二冊程度だった。一番多い年は平成十五年で、五つの図書館で約百冊ずつ購入したという。「図書館側が、主体的に購入したわけではなく、利用者の要望に応えたもの」と説明。

 堺市立図書館が毎年、購入する図書総数は六、七万冊。これに対して、二十万から三十万冊のリクエストが市民から届く。図書選定担当者が新刊図書案内などの資料などを参考にし、事前調査をした上で、毎週、約一日半の時間を費やして千数百冊の購入リストを決定する。ただ、人気のある本には千人以上のリクエストが殺到し、「予約して三年近く待たせてしまい、苦情を頂いたこともあります」。

 BL本については熱烈な一部愛好者がいて、一人で五十枚から百枚の購入希望を申し出る人も。「同じ本を、二十人以上から要望されれば、一、二冊買ってきました」と語る担当者。積もり積もって五千冊を超えたという。

 図書館側は購入時から、BL本を一般書物と同じ本棚で開架するのではなく、書庫に保管し、リクエストがあれば貸し出すという方法をとっていた。だが、頻繁な貸し出しで、書庫に収めず、開架の本棚に並ぶなどルーズな状態にあったところ、市民から苦情があったという。

 担当者は、「ジェンダーフリーも文化と受け止め、購入してきたが、最近は過激なイラストが入っていたり、袋閉じのものが出たりしており、青少年健全育成の観点からも、一定の配慮が必要であると認識し、この二、三年は購入していない。一部に書庫から開架に並べてくれ、という声もあるが、毅然として従来の姿勢を示していきたい」と述べた。

 図書館は学校、博物館とともに行政の教育機関という位置付けがなされており、同図書館では青少年健全育成の観点からポルノ小説、漫画本、ヌード写真集などは購入していないという。

 この件について、水ノ上成彰・堺市会議員は「BL本の中身、イラストを初めて見たが、実質的にポルノ本だ。男女間のセックスを扱ったポルノ本の購入を禁じていながら、男同士のセックスを扱ったBL本購入を容認するのは、おかしい。青少年健全育成の視点からも、公共の図書館からポルノ本に類する書物は処分すべきと考える。教育委員会とも話し合っていきたい」と語った。



■堺市政への提言先

 FAX:072-228-7444

 メール:http://www.city.sakai.osaka.jp/city/info/_shimin/teian.html
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-03 10:17


          【正論】社会学者・加藤秀俊

 (産経 2008/10/27)


 ≪■あきれる記者の質問抗議≫


 新聞報道によると、17日、中川財務・金融大臣が財務省内の記者会見場に国旗を置いたら、取材にきていた記者のなかにそのことをとりあげて「一方的ではないか」「国民の中には違和感を持つ人もいる」と質問したり抗議したりした人物がいたという。まさか産経新聞の記者ではあるまいから、この場をかりてひとこと書く。

 わたしだって、これまで各省庁の大臣室や長官室のようなところには何回か入ったことがあるが、そこにはちゃんと国旗が置かれていた。日本国の責任者たちが国旗を背にして公務をおこなうことになんのふしぎがあろうか。当然すぎるはなしである。外国だって事情はおなじ。わたしが訪問した各国の高位高官の執務室、裁判所、そしてしばしば小学校の校長室にだってそれぞれの国の国旗がかかげられていた。

 そのあたりまえのことを、日本国の大臣がおこなってなぜ問題になるのか。よくぞこんなバカな質問をする記者がいるものだ、とわたしはなかば呆(あき)れ、なかば慄然(りつぜん)とした。国家を象徴するのが国旗であり国歌である。法的にもそうきまっているし、常識からいってもそうだろう。だいいち、記者諸君が享受している言論の自由その他もろもろの保証はあの日章旗のもとにおこなわれているのである。左翼、その他の旗幟(きし)鮮明なイデオローグならともかく、日本を代表する言論人がこんなことを口にするとはなにごとか。わたしはその見識をおおいに疑うものである。

 ≪■「日の丸」を避ける映像≫

 おもうに、この質問をした記者諸君は小学校のときから先生たちに国歌は歌うな、日の丸なんかは無視せよ、あれはすべて恥ずべき過去の象徴である、と教えられて育ってきたのであろう。そんな先生を校長は黙認し、教育委員会も知らん顔をしてもう70年ちかくになる。ついに日本は国歌を歌うにも国旗を揚げるにも、なんだかひとの顔色をうかがうような情けない国になってしまったのである。

 オリンピックでもそうだった。これまで何回となくオリンピックの大騒ぎをテレビでみてきたが、日本の選手が優勝して表彰台にあがっても、そこで掲揚される日章旗をテレビ・カメラは写すことをしない。選手は授与された金、銀、銅のメダルをどういうわけか口にくわえておどけたフリを見せたりするが、かれらが国旗掲揚とともに演奏される国歌を歌う場面をカメラは写さない。水泳、野球その他、優勝種目の名場面はうんざりするほど「使いまわし」して再放送、再々放送をくりかえすが授賞場面は避けて写すことがない。

 そもそも日本選手が国歌を堂々と歌っていたかどうかもさだかでない。わたしは晴れがましく表彰台に立ったアメリカ、オーストラリア、以下さまざまな国の選手が顔面をやや紅潮させてそれぞれの国歌を力強く歌うのをみて、ひとごとながら頼もしい若者たちよ、と感動したが、あら、ふしぎ、我が日本国の選手は国歌を歌うことがないのである。あるいは歌っているのかもしれないが、その口元はたよりなく、いわゆる「口パク」なのではあるまいか。選手は歌わず、テレビはその場面をあまりくわしく報道しない。日の丸も写さない。

 ≪■東京オリンピックのために≫

 あのテレビのディレクター諸君もまた大臣の記者会見に国旗があることに疑義を呈した諸君と同年配である。そして若き選手たちはその記者、ディレクターと同世代の学校の先生から「国歌、国旗に反対せよ」と教えられて成人した。あの珍妙な教育はついに初期運動家の孫の世代に及んだのである。

 松井、イチロー以下、多くの日本人選手がメジャーリーグで活躍していることはご同慶に堪えないが、かれらは試合に先立って球場に鳴り響くアメリカ合衆国国歌をききながら胸に手をあててアメリカへの忠誠を誓っている。日本のプロ野球もそれに倣って国歌を演奏するがこっちのほうは選手、観客ともにただ無言で突っ立っているだけ。大相撲しかり、学校の入学式、卒業式しかり。

 何年だか先にこんどは東京オリンピックが企画されているという。それも結構、あんまりひと迷惑にならないようにやってくださるなら文句はいわない。しかし、いやしくも主催国である以上、あざやかに国旗をテレビ画面でみせていただきたい。そして選手、関係者にはちゃんと国歌を歌えるように学校教育、社会教育のなかで教えるようにしておいていただきたい。

 そうでないと国歌、国旗反対の思想はやがて孫の代からさらに曾孫(ひまご)の代にまで伝承され、やがては日の丸をみて、あれなあに?と問うこどもたちがふえること必定なのである。
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-03 10:17


 (部落解放同盟中央本部教育文化運動部 2008/8/22)

 http://www.bll.gr.jp/guide-seimei20080822.html


――鳥取県教育委員会の学校別・全国学力調査結果の「非開示」決定をめぐって

部落解放同盟中央本部教育文化運動部


■学校間の「過度な競争」を否定した教育委員会の「非開示」決定

 8月11日、鳥取県教育委員会は、県情報公開審議会の「開示決定(7月8日)に反対し、2008年度に限り県内の学校別・全国学力調査結果を「非開示」とすることを5対1の多数決で決定した。これは、部落解放運動をはじめ、鳥取県市町村教育委員会研究協議会や全国連合小学校校長会をはじめとした県内外の非開示を求める要望や、同じく非開示を求める2007年の文科省「全国学力・学習状況調査に関する実施要領」や仙台高裁判決を尊重した妥当な結果であった。

■依然根強い「開示するメリットの方が大きい」という市場原理主義の考え

 しかし今回の決定は、あくまで2008年度限りであることに深い危惧を抱かざるを得ない。鳥取県知事や教育長は、依然、開示を求めているし、全国的にも埼玉県ではこの秋に情報公開審議会が決定を出そうとしているし、首相の諮問機関・規制改革会議は学校別の開示を学校選択制の実施とあわせて強く求めている。

 その背景には、「開示して学校間の競争に弾みがつけば停滞がなくなりいい結果が生まれる」という、市場原理を教育に持ち込もうとする考え方がある。他方で、ホームページで公開したり学校選択制を実施しない限りは学校間の「過度な競争」や「序列化」にはいたらないし、実際、鳥取県の基礎学力調査結果の学校別・開示では弊害は起こっていないという考え方がある。

 だがこれらの考え方は、社会的に不利な立場に置かれている子どもをはじめ、すべての子どもに「豊かな学力」を保障していく事を妨げる以外のなにものでもないのである。

■改めて「豊かな学力」保障につながる道筋と取り組みを求める

 われわれはこれまでの同和教育の実績をもとに、今こそ改めて「豊かな学力」保障につながる道筋とそのための取り組みを強く求めるものである。

 すなわち、

①子どもの低学力の背景には本人の頑張り以外に、家庭の経済社会文化的状況が大きく影響していること、

②しかしこうした家庭の困難性を克服し学力保障を一定実現している学校(「力のある学校」)が存在していること、を重視すべきである。

2007年度の全国学力調査結果でも、

①就学援助率が高い学校ほど、低学力傾向にあること、

②にもかかわらず、小学校で約200校、中学校で約70校(小中ともに就学援助率30%以上でかつ調査対象者10人以上)では、全国平均よりも高い結果を出していること、が明らかになっている。

 こうした結果から求められていることは、

①就学援助や奨学金はいうまでもなく、住宅・健康・福祉・仕事など総合行政による家庭支援が必要であること、

②当事者のエンパワメントを図りながら「力のある学校」づくりを推進すること、である。

 われわれは、全国学力・学習状況調査結果を使って学校や子ども・保護者を競争に駆りたてるいたずらな動きに断固反対するとともに、部落の子どもをはじめ全ての子どもの「豊かな学力」保障を実現していくことに邁進する決意である。

8月22日
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-03 10:16


 (産経 2008/10/28)


 ■「自ら省みて素行を修め品格を高くし、外国人より尊敬を受けるようになる、それが真の愛国である」(嘉納治五郎『青年修養訓』)


 柔道の創始者であり、東京高等師範学校長、そしてわが国初の国際オリンピック委員会(IOC)委員だった文武両道の人、嘉納治五郎は万延元(1860)年のきょう、兵庫・御影(現・神戸市東灘区)で生まれた。語学にすぐれ、満17歳の年に最初期の東大に入学するほどの俊才だったが、「きわめて虚弱なからだであって、他から軽んぜられた」ことから、すたれた存在ではあったが「柔よく剛を制す」という柔術を学ぶようになった。

 嘉納はそれまで、「非常な癇癪(かんしゃく)持ち」だったが、柔術で身体が鍛えられると精神的に安定し、その勝負や練習が人生の縮図であることを悟る。そこから、「道が根本で術はその応用」という哲学が生まれ、「柔道」が誕生する。嘉納が説く「道」とは冒頭のことば、さらには後に提唱する「自他共栄」であろう。

 「品性の力によって磨かなければ、如何(いか)に良好な才能も到底十分に発達する事は出来ぬ。これに反して品性の力で磨いたならば、さほどでもない才能も相応にその光輝を発しむる」。やはり『青年修養訓』からの一文だが、昨今の柔道界や相撲界に対する警句だけにとどめるのはもったいない。教育界、そして日本人が銘ずべき道-と考えたい。
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-03 10:15

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987