★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 124 )   > この月の画像一覧



 (産経 2008/11/19)


 アフリカ・ソマリア周辺海域で海賊被害がまた頻発している。日本関係船舶も海賊に乗っ取られた。日本にとってこの海域はアジアと欧州を結ぶきわめて重要な海上交通路(シーレーン)だ。対岸の火事ではない。

 国際社会の海賊抑止行動も始まっており、日本も共に担う国際責務を負っている。だが、日本の現実は海賊対処などの国家安全保障の論議すら深めようとしていない。政争の具にする愚かしさに気付かないのか。

 ソマリア周辺のインド洋海域で、日本の海運会社が運航している船舶は年間約2000隻にのぼる。日本全体の1割だ。年初から10月下旬までにソマリア周辺での海賊襲撃は72件を数え、うち3件が日本関係だ。

 これに加え、15日には東京都の海運会社が管理するパナマ船籍の2万トン級貨物船、さらにはサウジアラビアの約32万トンの巨大タンカーがそれぞれ海賊に乗っ取られた。14日には沖縄県の久貝豊和さんが船長を務める中国漁船が被害に遭った。

 国連安全保障理事会は6月に続いて10月、関心を持つ国に対し、海賊抑圧のために軍用機、艦艇を派遣することを求める決議を全会一致で採択した。日本は米英などとともに共同提案国である。

 これらを踏まえて、北大西洋条約機構(NATO)は10月下旬、国際援助物資を輸送する船舶を護衛する艦船を出動させた。マレーシア、韓国、インドなども艦艇派遣や派遣用意を表明している。

 だが、当事国でもある日本は傍観しているだけだ。先月には衆院で海賊対策に自衛隊を活用する構想が民主党から提起されたものの、成案作りには至らない。

 民主党は18日に予定していた参院外交防衛委員会での新テロ対策特別措置法改正案の採決を拒否した。麻生太郎首相が党首会談で第2次補正予算案の今国会提出を確約しなかったためという。

 日本はインド洋での多国籍海軍に給油支援を行っているが、期限切れとなる来年1月以降も支援を延長することが最低限の責務だろう。海賊に襲撃された日本タンカーが4月、多国籍海軍に助けられたことを忘れてはなるまい。

 民主党は国連決議に基づいた行動に積極参加と言っていたのではなかったか。海賊対応などの安保政策では党派を超えた行動が民主党の信頼を高めることになる。
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-20 11:44


 (共同 2008/11/15)

 http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008111501000421.html


 今年5月、修学旅行で日本を訪問した北京市第四中学(高校)の劉長銘校長が細かい気配りをする日本人の国民性を称賛、「中国は日本から学ぶべきだ」とする評論を11日、ブログに発表、共感が広がっている。

 北京でトップクラスの進学校として知られる同校は初めて修学旅行先に日本を選び、高2の約400人が東京や長崎などを見学。日本から中国への修学旅行は多いが、中国からは極めて珍しい。

 校長は日本人と接触し「中国人にはない、細部に見られる特質」を感じたとした上で「自律的で社会に迷惑をかけない」ことを原則とする気配りの国民性に「敬服せざるを得ない」と称賛。女性トイレに消音と節水のために設置されている排水擬音装置も「細やかさ」の一例に挙げた。

 「日本人が中国人より頭が良いとは思わない」とした上で、物質的に豊かになった中国では、有害物質メラミンを意図的に混入させた汚染粉ミルク事件が起きるなど依然モラルが低いと憂慮。

 両国間には日中戦争などの歴史的経緯があり、訪日には対日理解を通じて「恨みを取り去る」目的があったが、国民性の落差を認めざるを得ず、逆に「どうしようもない」という「(自分に対する)新たな恨み心」すら生まれたと複雑な心境を吐露した。
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-20 11:44


 (中央日報 2008/11/18)

 http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=107400&servcode=A00§code=A00


韓国人が乗船した日本の商船が15日、ソマリア海上で海賊に襲われ、非常事態となった。

9月に韓国人(8人)をはじめとする船員が搭乗していた「ブライトルビー号」が乗っ取られ、救出されてから約1月しか経っていない。昨年も「マブノ1号」と「マブノ2号」が襲われたが、政府は対応できなかった。

これを受け、最近、推進している忠武公李舜臣艦のソマリア海上への派兵議論に拍車がかかっている。ウォン・テジェ国防部スポークスマンは17日、ソマリア海軍の艦艇派遣に関連し「12月中に定期国会で派兵同意案を上程して批准同意の手続きを踏む」と明らかにした。12月初旬までに大統領の裁可を受け、年内に国会の同意が得られれば、直ちに実態調査団を現場に派遣する方針だ。日程通りだと「来年1月末には忠武公李舜臣艦級(KDⅩ-Ⅱ・5500トン)が現地に出発できる」と合同参謀高位の関係者は話している。

海軍はこれに備え、装備や物資を準備して現地で適用する戦術も開発したという。海軍は10月初めに釜山(プサン)で開催された「2008国際観艦式」公開イベントで海上テロに対するデモンストレーションを披露した。艦艇派遣はザイトン陸軍部隊のように現地に施設を建てる必要がなく、速やかに派兵が行われる。

合同参謀によると、ソマリアに派兵される韓国艦艇はアデン湾で主に作戦を展開するものと予想されている。アデン湾はスエズ運河をつなぐ紅海東の入口に位置し、韓半島の2倍の広さだ。ヨーロッパ、中東、アフリカ北部に運ばれる物流のほとんどがここを通過する。派兵される韓国艦艇は連合艦隊の対テロ部隊のCTF-150に所属し、アデン湾で一定の区域を引き受けることになる。連合艦隊は米国、フランス、日本のほか、約10カ国の艦艇(約20隻)で構成される。
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-20 11:43


 (読売 2008/11/15)

 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081115-OYT1T00559.htm?from=navr


 13歳だった横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されて31年たった15日、早期救出を求める集会が新潟市で開かれ、約450人が参加した。

 拉致被害者の曽我ひとみさん(49)らが、めぐみさんの母・早紀江さん(72)が娘を思って作詞した歌「コスモスのように」を合唱した。

 講演した母・早紀江さん(72)は、北朝鮮が拉致被害者の再調査を拒否したことに触れ、「日本政府は世界に聞こえるように怒っていい。そうしないと世界になめられる」と訴えた。

 父・滋さん(76)は集会後、「オバマ次期米大統領は対話路線ということだが、強硬でないとダメという意見もある。核問題も含め、1日も早く解決して欲しい」と、報道陣に語った。
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-20 11:43


 (産経 2008/11/17)


 「恥を知らない野良犬(韓国人)と東洋の犬(日本)は咬(か)み合えばいい」

 中国のネットに、こんな書き込みがあった。産経新聞が、韓国資本による土地購入などの問題を指摘している対馬のことだ。

 弊紙の「対馬が危ない!!」の記事を引用する形で日韓双方の動きを伝えているが、その記事に対する書き込みで、日韓双方を皮肉っている。

 「私は日本人は好きではない。しかし最悪なのは棒子(韓国人)だ。過去、日本軍は中国を侵略したが棒子は恥を知らない」。反日よりも韓国嫌いがやや多いように見受けられる。これは、端午の節句や漢方薬など中国の伝統や文化を、韓国側が「自分たちの歴史だ」と主張してきた-との印象が、中国人の間には強いからだ。

 「鬼子(日本人)と棒子は戦え」「棒子は獣」「2匹の米国の犬が戦い始めた。おもしろい」などの書き込みから見えてくるのは「反日、嫌韓」だ。対馬問題を紹介したネットの文章には、こういうものもある。

 「対馬の戦略的位置は極めて重要で、日本の海上防衛の重要な拠点である」

 中国政府の友人は「戦略的に重要な島なのに日本が何も手を打たないことへのあざけりも中国人にはあると思う」と言う。

 先月、津軽海峡を中国海軍の駆逐艦など4隻が示威行動のごとく通過した。日本も、もう少し敏感になってもいいのではないか。
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-20 11:43


 (世界日報 2008/11/18)


 労働者人口も減少へ 10年後 4人に1人が60歳以上

 オーストリア日刊紙ザルツブルガー・ナハリヒテン(十月二十九日付)は少子化後に訪れる高齢化社会を一面トップで詳細に報道した。

 オーストリア統計局のデータによれば、オーストリアの現人口は約832万人だが、2030年には900万人を突破し、50年には952万人に増加すると予測されている。すなわち、今年に比べて14・5%増加するわけだ。

 その主因は出産率の上昇ではなく、移住者の急増と長寿命だ。例えば、70歳以上の国民は現在、約66万人だが、12年後には85万人に増加する。60歳以上の国民が全体に占める割合は現在、22%だが、十年後には25%以上、二十年後には30%を超えると予測されているのだ。

 具体的には、60歳以上の人口は185万人から3○年には281万人に、50年には325万人に膨れ上がる。それと同時進行で、若年層人口の減少が進む。15歳以下の人口は現在、129万人で全体の15・5%だが、30年には14・5%に、50年には13・5%と低下していく。

 一方、労働者人口は今後、6、7年間は増加するが、その後は減少するという。518万人の労働者数は14年には527万人でピークに到達。その後、移住者の増加にもかかわらず、30年には490万人に減少する。すなわち、少ない労働者で多くの年金受給者を支えるという社会が生まれてくるわけだ。

 同紙は「移住者の増加で高齢化社会を支えるという予測は難しくなってきた。高齢者の再雇用の拡大や移住者の社会統合政策の強化などが一層、必要となってきている」と指摘はしている。

 社会の高齢化の背景には、少子化とともに、家庭の崩壊、離婚の増加といった社会現象がある。昨年の離婚率は49・5%だった。この数字は2組に1組が離婚したことを意味する。

 数としては2万516組の夫婦が離婚した。もう少し詳細に見ると、離婚した夫婦の結婚平均年数は9・2年。結婚初年に離婚した夫婦は全体の1・4%。過去二十年間で離婚率は29・5%(1988年)から2007年の49・5%と急上昇している。もっと「驚くべき現実」は首都ウィーンの昨年の離婚率が何と64・2%だったのだ。

 問題は、「どうしてオーストリアでは離婚が多いのか」という点だ。社会学者は、女性の社会進出と、それに伴う女性の自立性の拡大など、さまざまな理由を挙げるが、それらはオーストリア一国だけに見られる現象ではない。

 オーストリアの女性は昔、子供をたくさん生んだ。多産の代表はハプスブルク王朝時代、国母と呼ばれたマリア・テレジア女王(一七一七-八〇年)だ。女王は七年戦争をプロイセンのフリードリヒ二世と戦いながらも16人の子供を生んだ。そのテレジア女王が現代に生きていたならば、ビックリするような社会状況が生まれているのだ。

 結婚件数は年々減少し、それに呼応して出産件数も減り、その一方、離婚件数は急上昇しているのだ。結婚を夢見、立派な子供を生み、育てたいという、半世紀前までは当然であった人間の願望を再び蘇らせることができるだろうか。本格的な高齢化社会の到来を控え、オーストリア国民は深刻な課題を突き付けられている。
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-20 11:30


                       保護者や生徒が嘆願書

 (産経-抜粋 2008/11/15)

 http://sankei.jp.msn.com/life/education/081115/edc0811152132002-n1.htm


 神奈川県平塚市の県立神田高校が入試で服装や態度がおかしい受験生を不合格とした問題で、更迭された渕野辰雄前校長(55)を学校現場に戻そうと保護者や生徒らが16日までの予定で署名活動を実施、週明けに松沢成文県知事と山本正人教育長あてに嘆願書を提出する。前校長は教頭時代から同校建て直しに取り組み、信頼を得ていた。多数の中退者など生徒指導に悩む学校現場。同校だけの問題ではない。


■「苦渋」の選択

 神奈川県教委が問題を公表したのは先月28日。翌日、渕野前校長を今月1日付で県立総合教育センター専任主幹に異動させる人事を発表した。

 その後、県教委などには1300件を超える意見が寄せられ、その9割以上が「校長の判断は正しい」「風紀の乱れを事前に守ろうとした校長がなぜ解任されるのか」など前校長を擁護するものだ。

 週末には同校PTAのOBや卒業生らが14~16日の予定でJR平塚駅北口で署名活動を実施。

 卒業生の女性(19)は「渕野先生は常に生徒のことを考えている」。署名した女性(69)は「親の育て方が悪い。渕野前校長は悪くない」。30代の主婦は「外見などは基本のことで選考基準になくても当然。自分の子供を入れようとするときに金髪の生徒などがいるのは嫌」とした。

 在校生からも「校長先生を戻してください。これは生徒みんなの願い」(1年女子)。保護者からは「渕野前校長は現場にいるべき人間」「大事なお父さんを連れて行かれた感じ」との声もある。

 PTAなどはすでに県教委に渕野前校長の人事の撤回を求める要望書や陳情書など3通を提出。内容は、(前校長を)神田高校の生徒指導派遣に出してほしい▽神田高校でなくとも校長として現場に戻してほしい▽これ以上の処分はしないでほしい-などだ。

 渕野前校長は産経新聞の取材に「ルールから逸脱しているという認識はあった」とした上で「先生たちの物理的、体力的な限界というものがあり、負担を軽減させたかった。苦渋の決断だった」と話す。


■建て直しの矢先

 同校保護者らによると、以前の同校は校内に飲食物が散乱し、喫煙やいじめ、盗難などが絶えなかった。近隣の公民館やコンビニエンスストアなどには「神田高生の立ち入り禁止」の張り紙が出され、アルバイトを断られたり、バスに乗せてもらえなかったことも。

 中退者は全校生徒約350人に対し、年間100人。謹慎処分を受ける生徒も絶えなかった。しかし、平成15年になるとこの状況に変化が見え始めた。教頭だった渕野前校長と前任の校長が「まじめな生徒が下を向いて歩いているようではいけない」と具体的な対策を取り始めたのだ。

 学校と生徒・保護者の緊密な連絡と親身な対応▽ごみ拾いを兼ねた校内の見回り▽部活動・同好会の奨励▽学校便りの地域での回覧-など。PTAや地域も賛同、教職員と取り組んだ。

 その結果、校内からごみが消え、生徒たちはあいさつをするようになってきた。地元の警察は「指導件数が減った」と舌を巻き、大学や専門学校に進む生徒が増えてきたという。部活動も活発になり、チームが組めないほどだった野球部は、18年には公式戦で10年ぶりの勝利を飾った。

 渕野前校長は生徒と食事をともにするなど率先して指導に取り組んだ。「学校全体の担任という思いで生徒たちに接してきた」といい、全校生徒の顔と名前を覚えているという。

 今回の問題の発端となった入試での身なり調査も学校建て直しの中で平成17年度入試から設けられた。

 「改革が軌道に乗り始めた」という矢先。渕野前校長は「異動は致し方ないこと。しかし道半ばでこうなってしまったことは非常に無念」と話す。

 身なりや態度について、そもそも選考基準に明記すべきものなのか。同校関係者は「常識まで明文化を求めるのか…」と話す。


■知事へのFAX

 045(210)8833


  □手紙:「わたしの提案」である旨を明記してください。

   〒231-8588

   横浜市中区日本大通1 神奈川県県民部広報県民課提案・相談班


  □メール:http://www.pref.kanagawa.jp/teian/teian.htm
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-20 11:29


        不当な勤務評定、府教委に撤回勧告 /大阪

 (毎日 2008/11/15)

 http://mainichi.jp/area/osaka/news/20081115ddlk27040387000c.html


 校長から不当な勤務評定を受けたとして、府立四條畷高校の辻谷博子教諭(56)から人権救済の申し立てを受けていた大阪弁護士会(上野勝会長)が、同校と府教委に対し評価の撤回を勧告した。卒業式の国歌斉唱で「非協力的な姿勢」があったとして、5段階で4番目にあたる「C評価」を受けていた。法的な強制力はないものの、勧告書は「思想・良心の自由を侵害する不公正な評価」と断じている。

 勧告書によると、辻谷教諭は卒業式の国歌斉唱について、当時の校長が説明した際、生徒からの質問をきっかけに「歌う自由と歌わない自由を認めてほしい」と発言したなどとして、05年3月にC評価を受けた。大阪弁護士会人権擁護委員会はこれを、「思想信条に基づく行為で、学校教育・学校運営に著しい支障を生じさせたとは到底言えない」と判断した。

 府教委による教職員の勤務評価「評価育成システム」は、04年度から試験導入され、07年度からは前年度の評価が昇給などに反映されている。14日、府庁で会見した辻谷教諭は「評価は必要だが、保護者や生徒らがすべきであって行政がすべきではない」と話した。



■府立四條畷高校

 〒575-0035  四條畷市雁屋北町1-1

  TEL:072(877)0004

  FAX:072(877)3250

  メール:z-shijonawat@sbox.osaka-c.ed.jp



■大阪府教育委員会事務局

 〒540-8571 大阪市中央区大手前2丁目

  TEL:06-6941-0351(代表)

  FAX:06-6944-6884

  メール:kyoikuseisaku@sbox.pref.osaka.lg.jp
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-20 11:28


 (ZAKZAK 2008/11/18)

 http://www.zakzak.co.jp/top/200811/t2008111835_all.html


“安全保障上の危機”所有者が防衛大臣に連絡

 神奈川県横須賀市にある海上自衛隊基地や米軍基地が見渡せる高台の土地を、中国やロシアの関係者が購入しようとしていることが18日、分かった。外国関係者の思惑は不明。国境の島・対馬(長崎県)の自衛隊基地周辺の土地が韓国資本に続々と買収されていることが安全保障上の問題となっているが、同様の危機が全国規模で広がっている可能性がある。


 福田内閣で防衛相を務めていた石破茂農水相=写真左下=の事務所に、神奈川県在住の男性から連絡が入ったのは今年に入ってからのこと。次のような内容だった。

 「私は横須賀にある自衛隊基地や米軍基地が見渡せる高台の土地を所有している。宅地にも商業用地にも向かない場所だが、最近、業者を通じて『売ってほしい』と頻繁に連絡が入る。不審に思って調べてみると、中国やロシア関係者の依頼だった」

 このため、石破事務所では男性から何度か事情を聴いた。男性は「安全保障上の問題があるのでは。私は外国人には売る気はない」と語ったという。福田内閣末期となり、石破事務所は防衛省関係者に事案を引き継いだ。

 横須賀は多数の入り江を形成する天然の良港で、明治以来、海軍鎮守府が置かれて軍都として栄えた。戦後、横須賀本港や隣の長浦港には、海上自衛隊地方総監部や米海軍横須賀基地などが設置された。

 海自が誇る護衛艦隊や潜水艦、掃海艇部隊だけでなく、米第7艦隊の巡洋艦や駆逐艦なども配備されており、今年9月からは米原子力空母「ジョージ・ワシントン」も事実上の母港として配備された。

 港近くまで山が迫っているため、横須賀には港が一望できる高台がいくつかある。記者は地方総監部裏にある高台に登ってみた。高台の下から直接登る道はなく、迷路のように入り組んだ細い道を通って、やっとたどり着いた。住宅や商売に向く場所ではない。

 高台の空き地に立つと、「おおなみ」などの護衛艦数隻をはじめ、8月に退役した南極観測船「しらせ」などが目の前に見える。地図を確認すると護衛艦が接岸する桟橋まで300メートルもない。双眼鏡を使えば、右奥にある米海軍基地への艦船の出入りも把握できそうだ。

 近くの住人は「以前、過激派があの高台周辺から基地に何かを撃ち込んだことがある。警察も時々、『何かありませんか』と訪ねてくるが、出入りを防ぐような柵もない。そういえば、前の道路で外国語を話す不審な人間を見かけたことがある」と話す。


 この高台については、2004年からの自衛隊イラク派遣で第1次復興業務支援隊長を務め、サワマの住民から「ヒゲの隊長」として親しまれた自民党の佐藤正久参院議員=写真右下=も視察している。

 「現場に行ってゾッとした。RPG(携帯型ロケット推進てき弾、射程数百メートル)などで狙われたらひとたまりもない。当時、衝突事故を起こしたイージス『あたご』も停泊していたが、甲板上の乗組員の動きも確認できた。地理的条件は仕方ないが、何か対策を取らなければならない」

 最近、対馬の自衛隊基地周辺の土地が韓国資本に次々と買収されていることが永田町で問題になっているが、横須賀のこうした高台についても、安全保障上警戒すべきではないのか。

 佐藤氏は「サマワでは敵対勢力の攻撃を受けにくく、近づく者を発見しやすい砂漠の真ん中に基地を設営した。今回の場合、『保安用地』や『バッファゾーン(緩衝地帯)』として、国が所有者から土地を借り上げたり、購入したりすべきではないか。日本はもっと安全保障について真剣に考えなければならない」と話している。
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-20 11:27


 (産経 2008/11/14)

 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081114/plc0811142027011-n1.htm


 政府は14日の閣議で、田母神(たもがみ)俊雄前航空幕僚長の論文投稿について「空幕長の職務として行ったものではなく、私人として行ったもの」とする答弁書を決定した。また、今回の投稿が「政治の方向に影響を与える意図で特定の政策を主張する」などの政治的目的には当たらず、自衛隊法で制限されている政治的行為にも該当しないとした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆【断 潮匡人】暴走する「文民統制」

 (産経 2008/11/19)


 もはや「良識の府」(参議院)と呼ぶに値しない。「招致」した田母神「参考人」の反論を封殺、与野党で「反省」を迫る。総理は元部下を呼び捨て、防衛大臣は目も合わさない。なんと冷淡な政治か。

 毀損(きそん)されたのは田母神氏の名誉と空幕長職の尊厳性だけではない。近代憲法上、最上位を占める精神的自由、その根幹をなす表現の自由すら侵害された。奪ったのは、他ならぬ「文民」である。

 テレビにも呆(あき)れた。投稿文同様、どこも中継せず、発言を切り貼(ば)り編集したあげく、非難の大合唱。当日昼には日テレで「みのもんた」キャスターが「懲戒免職」を主張、夕方の「スーパーJチャンネル」(テレ朝)では大谷昭宏コメンテーターが「単位が取れないような論文」「まさに稚拙そのもの」と罵倒(ばとう)し、こう述べた。

 「稚拙な方が、航空自衛隊のトップに立っている」「今回あんまりバカバカしいから中韓もあんまり反応してないんですね」「これ1回ですね(中略)締め直す、徹底的に締め上げる」「制服組をきちんと締め上げられるかどうかだと思いますね」

 隣の小宮悦子アナも「稚拙ですよね」「文民統制という言葉を勉強していただきたいですね、ぜひ」と追従。

 反応したくないが、放言にも程があろう。ここまで言うなら、自分で論文を書いてみろ。本来の文民統制に加え、法の支配や立憲主義、人権の不可侵性も基礎から勉強し直せ。彼らこそ1度、徹底的に締め上げてはどうか。
[PR]
by sakura4987 | 2008-11-20 11:27

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987