★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 73 )   > この月の画像一覧



 (産経 2009/1/5)


 ■「義務心を持っていない自由は本当の自由ではないと考えます」(夏目漱石)


 明治維新の前年(1867年)のきょう(旧暦)は文豪、夏目漱石の誕生日。『吾輩は猫である』や『坊つちやん』『三四郎』『こゝろ』など、国民的名作は数多くあるが、今回は『漱石文明論集』(岩波文庫)から、彼が後世に残した日本人観の一端を紹介したい。

 冒頭は晩年近くの講演『私の個人主義』の一節。「義務心」とは、「自分の自由を愛するとともに他(ひと)の自由を尊敬」し、権力を乱用したり、金の力で社会を腐敗させたりしないこと、そして目指すのは「人格のある立派な人間」だ。

 漱石にははじめ「日本は真に目が醒(さめ)ねばだめだ」(明治34年3月の日記)という危機感があった。ために維新後の日本は「やッと気合を懸(か)けてはぴょいぴょいと飛んで行く」ような「不自然な発展」(『現代日本の開化』)だ-と警告するのだが、後年、こうも語っている。

 「西洋は偉い偉いと言わなくても、もう少しインデペンデント(自主的、独立的)になって、西洋をやっつけるまでには行かないまでも、少しはイミテーション(模倣)をそうしないようにしたい。芸術上ばかりではない。(中略)その他においても決して追っ着かないものはない」(『模倣と独立』)



 ※夏目漱石も、結局答えが見いだせなかったと記憶しています。
[PR]
by sakura4987 | 2009-01-05 13:56



 京都市内を南北に流れる鴨川の東、京都大学のすぐ近くに吉田山という丘がある。京大生たちの遊歩の場ともなっている。その南側のすそ野あたりが黒谷と呼ばれる。そこに浄土宗の大本山、金戒(こんかい)光明寺という寺院が、そびえるようにして建つ。

 その裏手に広い墓所があり、一角にかなり古い300ほどの墓が整然と並んでいる。幕末、京都守護職として金戒光明寺に本陣を構えた松平容保に従い、鳥羽伏見などで薩摩や長州などの軍と戦って斃(たお)れた会津藩士たちがいた。その藩士たちを埋葬した墓なのである。

 何年か前に訪ねたとき、墓所は手入れが行き届いていた。毎年、福島の会津若松の高校生たちが修学旅行の途中で詣でるのだと聞いた。戦の常とはいえ異郷で戦死し、故郷に帰ることなく、眠っている武士(もののふ)たちのことを思うと、胸を突かれるような気がした。

 82歳で亡くなった早乙女貢さんの『会津士魂』は、その会津藩士たちの苦闘の物語である。続編では戦いに敗れた後、薩長を中心とした明治政府から徹底して弾圧された会津の人々の悲劇を描いている。昭和45年以来30年あまりの歳月をかけて書かれた大長編だった。

 曾祖父が会津藩士だった早乙女さんのライフワークとなった。最も訴えたかった会津の人の「心」は恐らく「あとがき」の次の部分だろう。「かれらの怨みは、ひとしく、倒幕派によって、朝敵・賊軍の烙印(らくいん)を捺(お)されたことにある。戦さに敗れた恨みではない」。

 勝者によりその歴史観・価値観を押しつけられることは、敗戦そのものよりつらいのだという。会津藩だけではない。あの戦争後の日本も、勝者の歴史観を唯々諾々と受け入れ、いまだその呪縛(じゅばく)から抜けきれない人が多い。何とも異常である。
[PR]
by sakura4987 | 2009-01-05 13:56


 年度   国籍別順位  外国人検挙総数   中国人検挙総数
   
2006年 1位:中国  40128件  14170件(35%)      
2005年 1位:中国  47865件  17006件(35%)      
2004年 1位:中国  47128件  16950件(36%)      
2003年 1位:中国  40615件  16708件(41%)      
2002年 1位:中国  34746件  12667件(36%)      
2001年 1位:中国  27763件  12131件(44%)      
2000年 1位:中国  30971件  16784件(54%)      
1999年 1位:中国  34398件  15458件(45%)      
1999年 1位:中国  31779件  10451件(33%)      
1998年 1位:中国  32033件   8501件(27%)     
1997年 1位:中国  27414件   7310件(26%)     
1996年 1位:中国  24374件   8904件(36%)     
1995年 1位:中国  21574件   5916件(27%)     
1994年 1位:中国  19671件   4032件(20%)     
1993年 1位:中国   7457件   2417件(32%)    
1992年 1位:中国   6990件   2204件(32%)    
1991年 1位:中国   4064件   1841件(45%)    
1990年 1位:中国   3572件   1895件(53%)    
1989年 1位:中国   3906件   1798件(46%)     
1988年 1位:中国   2567件    945件(37%)  
 

平成19年警察白書:http://www.npa.go.jp/hakusyo/h19/toukei/t2-10.pdf

平成15年警察白書:http://www.npa.go.jp/hakusyo/h15/html/E1101016.html

平成 5年警察白書:http://www.npa.go.jp/hakusyo/h05/h050200.html
[PR]
by sakura4987 | 2009-01-05 13:55

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987